【音楽日記】雨の七夕:なれど雲の向こうには星空が

By 犬山しんのすけ, 2010年7月7日

折角の七夕も、雨デシな。
なれど、それでも世間は動いている訳デスて。
小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)カプセル内のサンプル回収(採取)の開始について
思ったより、微粒子が回収出来ていた様で。小惑星イトカワのだと良いなぁ(。・ω・)(。-ω-)うぃ
他にも、「あかつき」が新型スラスターの実験に成功したり↓
金星探査機「あかつき」の軌道制御の実施結果について
「かぐや」からの観測結果が発表されたり↓
月周回衛星「かぐや(SELENE)」が明らかにした月内部からのカンラン石の全球表面分布とその起源
ホント、雨雲の向こうに広がる宇宙を相手に、こうして頑張ってるんデシなぁ。
それに比べて、小生の小さな失敗なんて・・・、失敗なんて・・・。
ウガァァァ!!!やっぱ、ちゃんとファイルを保存しておくべきだったぁo(ToT)o ダー
つ~事で、今夜の一曲。
作詞:阿久悠/作曲:鈴木キサブロー/編曲:和泉一弥/ 歌:影山ヒロノブ・遠藤正明
【夢光年】(LIVEver.)

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ