コスモス 序章「日常」

 

 たまに、現実世界(ここ)とは別の世界があるんじゃないかと思うことがる。

 この世界があるのだから、他の世界があってもおかしくない。

 アニメや漫画では、よく異世界召喚や転生なんてものがある。

 あんなのが実際にあったらな、なんてことをつい考えてしまう。

 

 そして、どうやら最近、滅んじゃった世界があるようだ。

 

 中学二年生、五月。僕(天野 慶介)は新しいクラスに馴染んできていた。

 教室の隅でボーッと外をみていると、1人の男子が近づいて来た。

「慶介、次の授業何だっけ?」

 僕に話しかけてきたこの男子は、加藤里久(かとう りく)。

 幼稚園からの友達で、よく一緒に遊んだり、毎日一緒に登校したりしている。

 騒がしいけどいい奴で、一緒に勉強面で迷子になっている。

「えーと……次、家庭科だね」

「おっけ、ありがと」

 そんなやり取りをしていると、今度は教科書を抱えた女子が話しかけていた。

「二人共、次は移動教室だよ。遅れると先生に怒られちゃうから。早く行こ」

 この人は夏川凛音(なつかわ りんね)。

 里久と同じ、幼稚園からの幼馴染で、この二人と遊ぶこともある。

 誰にでも明るく接し、かなりの友達想い。

「分かったよ、先行ってて」

 僕がそう応えると凛音は「遅れないでね」と言い残し、歩いて廊下に出た。

 僕は急いで後ろのロッカーから、自分と里久の教科書を取り出す。

「はい、里久」

「お、サンキュー」

 僕たちは急いで被服室に向かい、何とか始業のチャイムには間に合った。

 号令係の声で皆は先生に礼をし、退屈な授業が始まる。

 家庭科は得意じゃないけど、苦手でもない。

「はい、ぞれじゃあ皆さん。ペアを作って、二人一つでミシンを準備しましょう」

 家庭科の高島先生の声で一斉に皆立ち上がり、ペアを作る。

 もちろん、僕は里久とペアを組む。

 僕はミシンを持ってきて机に置き、里久はコードを電源に繋ぐ。

 糸をセットし、ペダルを床に置く。

 ミシンを用意すると先生から配られた布に針を刺し、縫い始める。

「この前さ、204系に乗って来たんだけどさ」

 縫い始めて数分もしないうちに里久が話始めた。

 こういう時間は鉄道やアニメの話をしてしまう。

「やっぱり204系の音良いよな~」

 それには僕も同感だ。

 里久は鉄道にとても詳しいから、その話を聞いているうちに、いつの間にか興味が湧いてしまった。

 僕も最近の出来事を話したりする。

「このあいださ、小さな子と話してたらね、急に石投げられてさ」

「どんな子供だよ(笑)」

「笑い事でいいのかなこれ」

 

 談笑しながら作業を進めていると、終業のチャイムが鳴る。

「あーやっと終わったわ」

 里久はそう言うと背伸びをし、布を提出したあとミシンを片付けて、僕の方は布を袋に入れ、床に落ちた糸を広いごみ箱に捨てる。

 里久と一緒に廊下に出た後、凛音と合流して三人でスタスタ歩く。

 廊下の掲示板には、今月の生活目標や科学部のレポートが掲示されていて、少し埃が漂っている。

 家庭科の授業が終わったら掃除とHRをして下校だ。

 教室に着くと、皆は机と椅子を前に動かして塵取りや箒、雑巾を手に取る。

 某改装番組でお馴染みの曲がスピーカーから大音量で流れる。

 そんな音をよそに黙々と教室の床を拭いているといつのまにか濡れた床の埃が黒い塊となり雑巾にまとわりつく。

 時折髪の毛が付着することもあり、僕は雑巾の端っこを摘み流しに持って行く。

「凄い汚れてるね」

 流し担当の凛音が僕の雑巾を見て言う。

「何か日に日に汚れが増してる気がする…」

「ははは、頑張って。私も埃流されて大変だから」

「ごめん(笑)」

 流しを後にすると、今度は窓を拭いている里久が変顔しているのを目撃する。

「ぷっ、何してるの里久」と僕は吹きながら里久に訊く。

「いや何でもない(笑)」

 僕は里久と笑ったあと、机を運びまた床を拭く。

 掃除が終わると帰る支度をする。

 今日は全部活が休みの日なので、里久たちと帰れる。

 そう思っていると里久は僕の方へ駆け寄ってきて

「あ、ロッカーと間違えた」と言って自分の席に戻る。

 たまに里久は、変なことをする。

 

 HR終了後、僕は鞄を背負って里久達と下校する。

 日が傾き、薄くオレンジ色に光る空。寂しく佇む電柱の下を、小鳥たちが遊びまわる。

 僕は、そんな儚くも趣のある風景を眺めながら、二人の話を聞く。

「俺の卓球部さ、練習がキツくてさ」

「上の階まで卓球部の声聞こえるもんね」

 里久は卓球部、凛音は演劇部に入っている。

「陸部だって割と辛いよ。短距離なのに長距離練させられたことあるし・・・」

 僕はと言えば、陸上部である。

 こういう話では大抵、どの部活が一番辛いかという話になってしまう。

「陸部は風あるやん。卓球部のプレハブ、熱気こもってクソ暑いし、冬はマイナス平気でいくからな」

 僕は想像しただけでゾッとし、反論出来なかった。

 「私の部活は結構緩いし、私の学年の人数は少ないけど、みんな明るいから結構楽しいよ。後輩たちが頑張り屋さんだから抜かれないようにしないとだけど」

 凛音は少しはしゃいだ声で言う。

 そこからは、里久がボケて、凛音がツッコみ、僕は大笑いしている。

 話題の合間に、明日の予定や持ち物の確認を三人でする。

 気づけば、もう二人と別れる十字路に差し掛かった。

 「じゃあな、また明日」

 「あ、うん。また明日。気をつけてね」

 「じゃあね。バイバイ」

 「うん、バイバイ」

 僕は、二人が手を振り歩いて行くのを見送ると、家のある方へ歩き出す。

 鞄の重さを背中で感じながら、しびれる手でカギを開ける。

「ただいま~」

 誰もいない家から当然返事など帰って来るわけもなく、僕は玄関の扉を閉めた。

 両親は共働きで、六時過ぎまで帰って来ない。

 親が帰ってくるまでに宿題を終わらせようと、二階の自分の部屋へ行き、勉強道具を机に並べる。

 今日は、英語と国語の宿題だけなので、早速、シャーペンを出して問題を見つめる。

 答えが解った途端にさっと答えを書き込み、時には字を間違え、消しゴムを出して消す。

 それを繰り返して、ワークと手は黒く汚れていった。

 少し時間がかかったけど何とか終わらせ、背伸びをすると、時計が五時過ぎをさしているのが見えた。

 おやつにとっておいた果物を思いだし、一階へ降りる。

 スマホで音楽を聴きながら、ゆっくり少しづつ食べて、果物の味を堪能する。

 みずみずしく、甘酸っぱくて、美味しい。

 食べ終わった頃、玄関の扉がガチャっと開く音と共に、「ただいま~」という明るい声がした。

 居間の扉から顔をのぞかせると、買い物袋を床に置いて靴を脱ぐ母さんと父さんがが見えた。

 僕は廊下を歩いて、玄関に向かう。

「おかえり母さん、父さん」

「ただいま、慶介」

 父さんは優しい笑顔で返してくれた。

 僕は買い物袋を両手で持ちあげ、冷蔵庫まで運ぶ。

 父さんはすぐに洗面台へ行き、手を洗う。

 母さんは僕と一緒に、買った物の仕分けをする。

 ジャガイモ、人参、玉ねぎなど、色々な食材が大きめの買い物袋に入っている。

「今夜は肉じゃがね!」と仕分けをし終えて、母さんは明るい声で言う。

「うん」と返事をし、僕はお風呂のスイッチを押しに行く。

「お母さんの料理は美味しいから楽しみだよ。」

「ふふふ、ありがと」 

 母さんは未だに新婚気分で、父さんは満更でもなさそうにしている。  

 僕は二人っきりにして、先にお風呂に入る。

 お風呂のあたたかさは、疲れた体を癒してくれる。

 顔にお湯をかけ、天井を見つめる。

 体が段々熱くなったのでシャワーを浴びてあがると、母さんは早速肉じゃがを作っていた。

 僕の次に父さんがお風呂に入り、僕の方は夕飯で使うお皿やお箸を用意する。

 母さんが肉じゃがを作り終えてサランラップを被せると、お風呂に入る準備をする。

「いい匂いだね」

 父さんは母さんと入れ替わりで、お風呂からあがる。

 僕と父さんは母さんがお風呂に入っている間に、ご飯やみそ汁をよそる。

 家族全員が揃うと「いただきます」と、母さんが作った料理を食べる。

 今日も母さんが作ってくれたご飯は美味しかった。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

コスモス 序章「日常」への1件のコメント

  1. アバター 匿名
    匿名 コメント投稿者

    まだ、序盤だけしか読んでいません。
    その上での感想です。

    文章が説明的になりがちで、ゲーム等のシナリオを読んでいる感覚でした。
    それ故に、状況などが丁寧でイメージがしやすい反面、躍動感の感じにくいものとなっていました(後者は、物語が動き出したら変わるのかもしれませんが)。

    割と懐かしい細かな思い出に触れるので、少し勝手にノスタルジアを感じました。

    これからに期待しています。