• カテゴリー別アーカイブ 介護施設のゲンバ
  • 読書用本棚 » 実用書 » 介護施設のゲンバ
  • 介護業界にとって、望ましい人材とは?

    少し気になる情報を見つけたので、書きます。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1281952567?fr=rcmd_chie_detail
    介護業界にとっては、おそらくどこでも人材は確保していきたいのが本音です。
    ヘルパー2級でもあれば大半の施設では、よほどのことがない限り採用はOKなんじゃないかと思われます。
    今のこの状況、ハッキリいって常日頃から人員不足。
    人手不足だからこそ、即戦力となる派遣社員が契約で来ているような状態なんです。
    それには、いろいろな弊害が生まれます。
    たいてい、契約は長くても6ヵ月。
    最短では1ヵ月。
    次々と人材が入れ替わります。
    既存の施設側の社員やパートは、その都度また同じように仕事を教えていかなければなりません。
    その労力も正直いって疲れます。
    会社にとったら、派遣を雇うと給料も倍支払わなければならないのでこれまた大変だろうし。
    でも、そこにも矛盾を招じるんです。
    例えばその施設で募集をかけて普通に採用になったとしても…ほとんどすぐに辞めていく人が大多数。
    私は、そういう施設に何年かいるけど毎回このような状況に少々うんざりしています。
    だから、なんで人はこういう介護現場にいつかないのか検証してみました。
    一番にいえることは、仕事の前に人間関係。
    そこで、いかに上手くやるかがコツなんです。
    何せ、年配者の多い介護業界。
    いろんな人がいますから。
    出すぎても叩かれるし、仕事をやらなすぎても言われる始末。
    ほどほどが丁度よい感じです。
    主体は高齢者の利用者や入居者なのだけど、そういう関わりにも精神的に気を使う現状も多いからストレスも…。
    入浴介助などは、コツを踏まえた上で体力にある程度自信ある人か反射神経の良い人でないと腰痛の原因にもなりかねません。
    そうでなければ、自分も含め高齢者の人までも危険が及び身体故障の原因にもなってしまいます。
    これ実感します。
    あとは、忍耐力…どこまで頑張れるかにかかっています。
    疲れたら、周囲の介護職の方に早めに言ってみることも大事なことです。
    それくらい、体力的にも精神的にもきつい仕事だからです。
    職業での転職組では、ある程度自分の裁量で今までやってこれた人や自分の技能でやってきたような、サービス業系ではない人たちは一度は自信を喪失するような職場環境というのが実際のところです。
    高齢者の召使い的なこの職業…自分が主人公でお年寄りを糧にして、光りたいと願って転職してくる人もたまにはいるけど、甚だその時点からの話も違うのです。
    ま、そういう人はもともとが違うのだから他の職業にでも転職してくれた方が…。
    誰にでもなれる職業ではないことは確かです。
    うちの施設は、付けまつげやマニュキアや厚化粧でも言われてしまいます。
    とにかく、清潔な身なりが重視されます。
    そういう人が面接OK…って所なのかもしれませんね…。

     
    No tags for this post.
  • 入浴介護でのジレンマ

    毎回月木の曜日は、5人のうち経管者2名、風呂に入れる際…日勤2名で介助します。
    10時~11時半のうちに5名。
    たったの一時間半しか割り当て時間がないから、急ぎます。
    ナースが手伝いに来ることも最近はほとんど皆無。
    全介助の必要性のある、経管者~つまり胃に管を通してる人には時間をとります。
    ストレッチャー上に乗せて、シャワー浴するだけなのですが…気道確保必修。
    ただ、洗うだけといっても技術が入ります。
    残り3名はなんとか、座位が保てるので浴槽用のイスに小さなタイヤがついたものに車椅子から移乗して、普通にシャワー浴で洗身後、やじろべい形の浴槽にポンプでお湯を張り入浴させます。
    毎回体力勝負の上、夏は特に全身に汗~サウナに長く、入ってる中での仕事という感じかな…。
    感染にも気をつけないとならないし。
    なので、自分がきれいにバッチリお化粧していたい人には勤まらないかも?
    そういう人は、受付や事務でもしていればよいと思ってしまう。
    もうすぐ、辞めてしまうナースが正にそういうタイプだったのでそんな現場に来るはずもなく…。
    このジレンマは、きっとずっと続くんだろうな[:汗:]

     
    No tags for this post.
  • 【介護現場】どんな人が介護の仕事をしているかというと独身女性、シングルマザー、子育て終了した50代の人

    たまたま見た40才からの転職…という記事に、ヘルパーのことが書かれていた。
    40才越えると転職がこんなにも難しいんだ…と実感。
    他の業種では、もうこの年齢になると未経験分野での仕事はまず無理。
    けど、ヘルパーだったらすぐ資格が取れ未経験でも大丈夫だというところは案外多いのかもしれない。
    しかし、その先にはかなりの重労働で賃金安いという世間一般の見解が…。
    確かに、女性ならば育児や家事をしてきて体力に自信のある人なら一番できる仕事なのは間違いない。
    けれど、施設勤務の場合蓋を開けるとどんな人が介護の仕事をしているかというと主にシングルマザーだったり派遣なら独身女性。
    あとは子育て終了した50代の人なんか多い。
    逆に、訪問ヘルパー系に登録しているのでは子供が小中学生で既婚者の30~40代の女性が統計的に多かったりする。
    こちらは、空き時間が多いから正社員は圧倒的に条件的には無理な層。
    施設の中でも、特養や有料以外の老人保健施設なら、意外に給料は他施設に比べ正社員なら厚遇だと思う。
    パートはどこも同じようなものだけど、日勤帯だけのデイケア兼デイサービス系の所だったら正社員になれて、しかもボーナスは良い。
    私の知っている所は、ボーナス2ヶ月分は出て日勤帯だけ勤務なのに役職以外の人で、もらえてた人もいた。
    しかし、こういう所に入るにはなかなか大変でコネでもないと入れないような場合もあり。
    一般の施設系では夜勤のできる人でないと正社員にはなれない所が大多数だから、介護業界もなかなか厳しい…人手不足なのはこういうとこからでも納得できる現実だ。

     
    No tags for this post.
  • 【介護】外出中…、いきなり道路に入居者が飛び出した。

    施設で、認知症の方がいて今までの入居者より数段大変な人が入居されて3週間くらいたった。
    一見、普通の人のように見えるが…これがまた、難点。
    今まで自由に独り暮らしされてた人が、いきなりの施設入居でご本人は当惑され何故ここにいるのか分からないご様子。
    とても体格のよい男性の方だが、入居したその日から自分は幽閉されてると思い込んでいるので施設より脱走を企てているのが分かる。
    スキあらば窓ガラスをガチャガチャと開けようとしたり、非常階段の鍵を腕力で壊そうとされたり…。
    ずっと、身内に連絡をとりたいと休む暇なくヘルパーに言ってこられる。
    しかし、少し時間がたつと自分の言ったことや周囲から言われたことも、忘れてしまうのが認知症。
    そのせいもあるのは分かるが…少々、暴力行為に走られるので周囲は大変だ。
    まだ、他入居者に被害はないが…その芽はありそう。
    他入居者の安息の場が消えそうなので、不穏気味なのをどうして鎮めようかと毎日検討中。
    その入居者…今日は、特に不穏気味にて外に3度ほど散歩にお連れした。
    午前中にヘルパーが一名同行。
    なだめられて大人しく帰ってくる。
    2度めは、近くのパン屋に行ったものの何も買わず何も飲まずに何事もなく帰ってくる。
    (主任と私が他入居者一名と同行)
    しかし、この時点から煙草の自販機を探されていた。
    3度目は主任が一人で外出…施設近くのコンビニにお連れする…が事件発生。
    そこで煙草だけを買い、ライターはないからと(実際には店にあったが認知症なので)そのまま帰宅しようと促したところ、いきなり交通量の激しい通り沿いの道路へと走って入居者自身が飛び出した…。
    同時に、主任が必死にその腕を掴んで引っ張ってインカムで施設にいるホーム長に助けを要請。
    ことなきを得るが、主任が半泣きで帰ってきたことで他のヘルパーとナースが驚いて…施設玄関前に慌てて駆けつけた様子…。
    しかし、施設内の入居者の見守りも重要ということで一旦皆な中に入った後に、認知症入居者がなかなか戻ってこない事への心配から一階に降りた私。
    ホーム長がなだめながら、まだコンビニ近くに付き添われていると事務員の方からちょうど話を伺ったときだった…。
    その間か取り押さえる時なのか、2~3発入居者に顔を強打されたホーム長が…青い顔をして施設に戻って来る、その道すがら…たまたま近所の人が通りがかり、施設内の一階にいた私を確認、呼ばれたので外へ出た。
    ホーム長に変わり、まだ興奮冷めやらぬ入居者を今度は私が引継いで付き添いながら施設内までお連れする役目を頼まれる…。
    皆、女性なので大変だ。
    それからが、長くて他入居者より隔離の上…主任、私で怒りを沈静化するために話を傾聴する必死の努力をしていた。
    拘束厳禁で、常にそれを頭に置いての対応だった。
    正面玄関が開く時は、脱走しそうになるので急いで施錠しての行動…身体強打を受けるのは覚悟の上。
    へルパーは、そんな訳でいつも精神面と身体を張って職務を全うしているのだ。
    なんか、気苦労の一日だったな~。

     
    No tags for this post.
  • 介護職員同士のコミュニケーション

    最近の土日。

    介護の仕事で、最近~土日は帰宅が遅い。

    というのは、子供の学童保育の迎えに行かなくてもいいぶんだけ、同僚に捉まってお話~。

    これも、職員同士のコミュニケーションの一環として大事な時間 (^_^;)

     

    今日は、この入居者さんがどうでこうでーじゃ、どうすれば機能回復に役立つの?

    とか、スタッフ同士の情報交換をしています。

    あと、まぁ…感染予防の話とか?

    しかーし、これがまた、ぜんぜん関係のない話にいつのまにか脱線。

    気がつくと、今話題性のある映画のことや日常の話へと…移項。

    シフトの話から始まることも?

    ごくありきたりの日常でございます。

     
    No tags for this post.
  • 介護職員の悩み ~入浴介助中にヒヤリ~

    この間、入浴介助中にヒヤリあり。

    新人ヘルパーが、入居者を誤って湯の温度を確かめず~水風呂に入れてしまった件。

     

    電源を入れずに、自動お湯はりを開始~湯温を確かめないでその場を離れてしまい、入居者が入る前にも更に湯温を確かめずに直接入浴させてしまったのだ。

     

    私がすぐに気がついたので、事なきを得たが~一歩間違ったら命に直結だった。

    この時期の入浴は、ヒートショック(急激な温度変化により、身体が受ける影響)

    により、血圧が急変~脳卒中及び心筋梗塞を起こす要因となる事がある。

    ほんと、新人教育も気が抜けなくて大変(泣)

     
    No tags for this post.
  • 職場の忘年会

    忘年会行ってきました。
    しかし、半分しらけモード。
    参加人数少なかったし。
    2次会、行く人もいなかった~つまらなかったな。
    介護業界は、皆それぞれがそれぞれ。
    個性強い人多いし~。
    まとまらないわ。
    やたらと、よいしょする人もいる。
    なんだかな?
    しかも、忘年会というよりは最後の閉めで、今年の反省会になってしまった…(汗)
    なんで、今年の反省点を一人ずつ言わなければならないの?
    意味、わからない(ーー;)
    ほんと、ナンセンス。
    盛り上がるわけない。
    それ最初だよね…普通は?
    なんか、変な感じの会だった。

     
    No tags for this post.
  • 介護職員同士でのストレス

    職場で、新人入って一ヶ月半以上~経過。
    なのに、ぜんぜん仕事覚えてくれない人にイライラ気味な私。
    その人、仕事できないわりに自己評価ファイル…A~Dランクの、A(優れている)ばかりにつけてるのよ。
    驚き、桃の木、山椒の木よ。
    ありえね~と思いつつ、主任にダメだしされて~書き直しされていた。
    ほんとありえない。
    いい4年制大学出てるのに、そういうのは学歴ではないのね~とつくづくと。
    理屈ばっかだし。
    自分の待遇には、ウルサイのなんのって~休憩時間だけは忘れない。
    そのくせ、やらなければならない仕事~ことごとく、忘れてそのまんまにするし。
    他がどんなに忙しくても、手伝おうとしないというか。
    もう、血圧上がりまくり~!
    使えない人間ているのね~この世には。
    で、要領が悪くて~優先順位がつけられない.。
    そこを、指摘すると逆切れされるし~。
    細かくいったらきりないわ。
    同じこと何回も言っても、休日入るとリセットされてしまうようで~一からまた教え直し。
    ただでさえ、入居者のことで忙しく動かなければいけないのに~。
    時間との戦いでもある訳で。
    介護記録も、全部書かなければならないところに持ってきて~それが、また遅い。
    結局、いつも時間内に終わらせることできなくて、遅くまで残ってるのよ~その人。
    ありえな~い。
    で、自分は一生懸命やっていると豪語する。
    おまえ、それ単に~仕事のろくて終わらないだけだろ?
    他の人が5分で終わることを、20分かかってやているだけじゃ~と。
    あまりにも、ストレス溜まってるのでつい、執筆してしまったしだい。

     
    No tags for this post.
  • 介護職のストレス。

    最近、職場でのストレスすごい~入居者でとにかく大変な人がいて、周囲が早く精神科に連れて行けばとの意見が大半。
    他の入居者にも影響あり。
    しかし、家族の方が病院に連れていかなくてよい。
    との意見なので、連れていくことすらできず職員一同みんな頭抱えてまして…。
    そんな訳で年末まで、体力持つかしらと言っている。
    寝ても起きても、「トイレ連れてって」と言われるのだが、その度に排泄なし。10回の内に一度あるくらい?
    歩行可能で動ける人ならよいのだが~かといって寝たきりの人でもないので尚、大変。
    車いすから便座に移乗することすら困難な上、寝かすと起こして~起こすと寝かして。
    これを、永遠に繰り返す。
    ホール席位置に車椅子に座らせ、そのままにすると机に捕まりだちされ、動こうとしてしまうので転倒しないよう見守り強化。
    しかし、その人だけずっと見ている訳もいかず~それが怖い。
    そうしているうちに、他の場所で入居者が何かされてたりして~生命に直結してしまうとニュースで全国放送にもなりかねないので、
    日々、勤務中は気が抜けない。
    夜勤の方は、一人で何人も担当しなければならないので、もっとヘロヘロかもしれません。
    なのに介護職の手取りがずいぶんと少なくて、リスクあるのに割に合わないのもまた現状です…。

     
    No tags for this post.
  • 介護福祉士無事合格

    やっと、実感沸いてきました。
    さっそく登録証の申請してきました~(金曜日)
    これで、厚生労働省から賞状もらえたら介護福祉士をなのれます。
    やはり、運もあったようで一発合格でした。
    毎日は無理だったけど、仕事休みの日はずっと勉強してました。
    11月くらいは、職場の人出不足のためいつもより多いシフトをこなし、加えて子供が熱出したりと大変な時は少しも勉強ができませんでした。
    年明けから、再度勉強を始めながら子供の小学校入学の準備と忙しかったこと思い出します。
    そんな中、正月の初詣で鷲宮神社に合格成就祈願の絵馬を描いて、奉納いたしました~それが良かったのか、その後一月末に筆記を受け一次合格
    3月初めの実技試験、不安もあった中………東日本大震災と子供の卒園式があった後の合格発表~今年の3月は、一生忘れない出来事となりました。
    4月に入り、10年めの結婚記念日を迎え~もうすぐ、子供の小学校の入学式です。
    桜の花も咲きだして、感謝の気持ちで一杯になります。

     
    No tags for this post.