【メイド喫茶論考】 ご主人様とメイドの関係

 メイド喫茶においてメイドとの談笑は、楽しいものである。
 しかし、先にも少し触れたように、当時の意識として、上流階級の人間はメイドを同じ人間とは考えておらず、多くのメイドの出自であった下層の人々は上流階級の人間を畏怖していた。
 そのため、メイドは家人の目から遠ざけられるように地下室や別棟で生活させられ、雇い主と廊下ですれ違うときにはメイドは目を合わせないように背を向けるのが最適なマナーとされていた。目が合ったという理由で解雇された例もあったようで、雇い主が落とした物を拾ったさいには、雇い主に自分の手が触れないようにトレーに乗せて渡したとされる。
 また、メイドを統括しているのはハウスキーパー(家政婦)であり、メイドへの指示は雇い主ではなく、ハウスキーパーから出されていた。
 つまり、メイドとご主人様との間には、相当の距離があったことになる。
 ちなみに、ハウスキーパーはその役割から、ある程度の知識や教養が必要とされ、家柄が良いか雇い主の血縁者がなったとされる。
 ただ、これではメイドは虐げられていただけのようにも思えるが、雇用主と良好な信頼関係を築いたメイドは、引退後に土地を与えられて宿屋を営んだりしたそうである。
 そして、メイドから女主人へと昇りつめた者や、ご主人様と結婚したメイドも少なからずいたという記録がある。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

【メイド喫茶論考】 ご主人様とメイドの関係への2件のコメント

  1. ピンバック:ぽぅ

  2. ピンバック:泉 都市