戦国メイドカフェ&バー 『もののぷ』

By 清水銀嶺, 2009年8月12日

戦国メイドカフェ&バー『もののぷ』うちわ 地方から上京した女友達が秋葉原のメイド喫茶に行ってみたいと言うので(仮にも『メイド喫茶で会いましょう』を書いてるのもあって)、戦国メイドカフェ&バー『もののぷ』を案内した。
 初心者を案内するにはどうかと思ったが、個人的な興味が先に立った。
戦国メイドカフェ&バー『もののぷ』は裏手から まずネットで検索した地図により、場所自体は分かりやすかったものの、店があるビルの階上への入口は大通りからは裏手になるため、ちょっと入るのに躊躇するかもしれない。実は、『ぴなふぉあ』の2号館と同じ『いすゞビル』である。
 エレベーターで5階に上がると、開いたドアの前が受付という具合で、まずはピンクの甲冑の肩当を付けた女性店員に面食らうことだろう。女性店員は、全員が『歴女(れきじょ)』と呼ばれる、歴史好きの人たちで、得て不得手はあるものの生半可な知識ではなく、系統が合えば戦国時代に関する会話を楽しめる。
 そのための料金として、入店には、一人につき入会金500円と席のチャージ料1時間500円が必要となる。飲食料は、これとはまた別である。
 子供を連れていたため、何歳から料金が必要なのかと尋ねたら、「少々お待ち下さい」と店員が責任者を探して右往左往。結局、子供の年を尋ねられて5歳と告げたら、子供の分は無料となった。開店してから間が無く、子連れの客は初めてだったとのこと。
 店内には主立った武将の家紋の入った幟が並び、奥に別料金の茶室と、記念撮影にも使われる、胴に「萌」と書かれたピンクの甲冑が展示されていた。
 ややBGMの音量が大きく、店員との歴史話を愉しむには不便を感じる。ゲームやアニメなどから始まった戦国ブームとはいえ、BGMには落ち着いた琴を用いた曲などを流す方が良いのではなかろうか。
 昼時は混んでいるかと思っていたら、案外と空いていて、むしろお昼を過ぎてから混み始めてきた。やはり、食事をするための店ではないからなのだろう。
 メニューは、名前を戦国風にした以外には目新しくない。とはいえ、牛肉と豚肉を合わせた『関ヶ原天下分け目の合戦丼』は面白いアイデアだったので、それを注文。
徳川家康(ラテチーノ) 徳川家康(ラテチーノ)には、店員の手で直江兼続の家紋を描いてもらった。
 そして、食べる時には謎の呪文を店員と一緒にやらされる。後で気がついたが、もしかして戦勝祈願の祝詞のつもりだったのかも。
 店員がまだ慣れていないらしく照れが入っているため、こちらも大いに照れる。これは是非、さも当たり前のように照れ無くやっていただきたい。
 連れて行った女友達には喜んでもらえたようで、チェキでの記念写真(500円)も撮った。私の子供も、店員たちに可愛がられて楽しかった様子………だと思う。
「お屋形様、出陣でございます。ご武運を!!」と店員に見送られ、店を後にした。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ