行って来マスタ『ヒーローソング熱中昼話』

By 犬山しんのすけ, 2008年11月4日

今月早々の3連休。皆様は如何お過ごしデスタか?
小生は2日の日曜、うちの清水銀嶺氏と友人を連れて阿佐ヶ谷ロフトAで行われた『ヒーローソング熱中昼話』へ行ってきマスタよぉ[:音符:]
みなさんはNHKで放送された『BS熱中夜話ヒーローソングナイト』をご覧になりマスタか?
小生も、地上波での深夜の再放送見マスタよぉ。もうね、収録に行けた人達が羨ましくて羨ましくて[:きゅー:]
そんな折に、このイベントの情報を見つけマステね[:love:]
いやぁ、やっぱこの手のイベントは、生で見ると違いマシネぇ。
特に、腹巻猫センセ、唐沢俊一センセ、田中公平センセのトークの弾け具合が[:にひひ:]
なれど、実に深い内容デスタよ。
『アニメソングとは何か』と唐沢センセが語れば、『アニメソングに必要な作曲論』を田中センセが語り、腹巻センセが更にそれらを解説する流れ。
話題の中心も、前半は『月光仮面』や『仮面の忍者赤影』で知られる小川寛興センセに始まり、『黄金バット』や『妖怪人間ベム』の田中正史センセ、『ジャングル大帝』や『キャプテンウルトラ』も冨田勲センセら、アニソン草創期の巨匠達、そして後半は3氏が尤も拘りを持つ渡辺岳夫センセ、越部信義センセ、筒井広志センセ、三沢郷センセの偉業を、それぞれの代表曲を聞かせながら、かつ田中センセがキーボードで特徴を実演しながら解説。
ホント、内容をそのままDVD化して発売されるなら、是非とも欲しい物デシ[:ぽわわ:]
あぁ、でも個人的には渡辺岳夫センセなら、『ザ・カゲスター』も好きなんだけどなぁ。しかし、3氏のアニソン論からすれば、いまいちだそうな[:汗:]
ビートが利いた、恰好良い曲なんでしがねぇ。普通に恰好良いだけって事なのかな[:あうっ:]
ともあれ、実に充実した内容だったのでしが、3氏はまだ話足りない様子。小林亜星センセや山本正之センセの事も語りたいという事で、第2回も是非行いたいと宣言。
コレはまた実に楽しみ。次も必ず行くぞぉ[:オッケー:]
皆さんも是非、生イベントへどうぞ[:にこっ:]


『唐沢俊一センセ』
つーかね、越部センセ作曲のジムボタンの歌。
改めて聴くと、燃えますなぁ。
♪ジムボタンは、君だぁ♪[:パンチ:]

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ