セキュリティソフトの恐怖

By 泉都市, 2008年5月9日

 お客様からの依頼はインターネットの設定がメインで、サクサクと進んで終了と思ったら、最後に罠が。
 画面がブルーバックになって電源が落ちない。
 お客さんの話だと、かなり前から出ている症状らしい。
 英語のメッセージを読むと、「ハードウェアかソフトウェアでエラーがあるから調べてみ」という、身も蓋も無い、なんの解決策にもならない内容。
 すいません、メーカーに問い合わせて下さいませm(_ _)m
 以前に訪問したお客様から電話。
 外国人だったので、英語版のYahooのページを案内したら喜ばれて、IEのホームボタンをそのように設定しておいたのに、日本人の友人だかが来て設定を変更してしまって、英語版のYahooが見れなくなり困って電話してきた模様。
 バカタレ、なんだよその友人( ̄^ ̄)
 電話口で方法を教えるものの、日本語で会話はできても日本語は読めないため、クリックする箇所を教えるのに悪戦苦闘。
 なんとかできたけど、その友人とやらが来ると、また同じことになる悪寒。
 モデムの不調で無線接続が出来なかったという案件で、お客様宅を訪問。
 ところが、モデムの不調という事前情報に惑わされた。
 前回は別なスタッフが訪問して、お客様のパソコンが2台あり、2台とも無線接続が出来なくて、さらに無線カードのドライバを入れたら有線接続も出来なくなったとの事で、モデムの不調を疑ったらしい。
 私も、話だけを聞いたら、モデムを疑うしかない。
 でも、持参したパソコンと接続すると上手くいく。
 そしてケーブルにも異常が無い。
 とにかくまず有線接続はできるようにしようと、システムの復元で前回設定した前の日付に戻す。
 すると、有線接続はできた。
 しかし、無線カードのドライバをインストールすると、やはり無線接続は出来ず、またも有線接続までできなくなってしまう。
 パソコンは、それぞれDELLとIBMでメーカーが違う。
 なのに同じ症状が起きる。
 さらに、お客様の話だと、以前に有線ルーターで2台を接続しようとしたら失敗したという。
 メーカー違いで、同じ症状ってナニ~?
 実は、この時点で気づかなければらなかった。
 2台に共通するのは、同じセキュリティソフトが入ってることだった。
 そう、不具合の原因は、セキュリティソフトだったのだ。
 当然のように、接続設定の前にセキュリティソフトは停止しておいたのだが、それだけではダメで削除しなければならなかった。
 ガチョーン。
 確かに、以前にネットに接続できない原因が、同じくセキュリティソフトで、アンインストールしたら接続できたことがある。
 でもこれって、難しいんだよね。
 うっかりアンインストールすると、お客様が再インストール用のCDを無くしてるとか、ネットからダウンロードするパスワードを忘れてるというケースもあって。
 今回は、お客さんがちゃんとパスワードのメモを残していたから、アンインストールを試すことが出来たけど。
 あと、モデムの方の設定も通常とは違う設定になっていて、それも直さなければならなかった。
 プロバイダからのレンタルだそうだけど、初期化されていなかった。
 通常は、別なお客様から回収したら初期化するはずなのに。
 つまり、二重に罠があったようなもん。
 解決できて良かったけど、疲れた。
 そして、次の時間の予約をされてるお客様からは、訪問時間が遅くなるため、お叱りを受けてキャンセルとなってしまった。
 携帯電話を持ちながら、思わず土下座。
 片方のお客さんには感謝され、もう一方のお客さんには怒られて、なんとも心忙しい一日となった。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

No tags for this post.

One Comment

  1. パソコン資格を取得するための通信講座

    パソコン資格を取得するために、通信講座を利用するという方法もあります。ビデオやDVDがついた通信講座であれば、これらを再生しながら学習することができます。パソコンスクール…

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ