☆書評☆『生まれる性別をまちがえた!(角川コミックス)』(小西真冬/KADOKAWA)

By 清水銀嶺, 2017年3月22日

 書評記事を書きました。
 微妙なテーマなので気をつけて書いたつもりですが、やはりネット上では「賛否両論」のようです。
 自分の性のみならず自ら望んで生まれた人がいないのですから、生き方を選ぶことに「否」があるのは、私はオカシイと思いますけど。


 

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ