☆書評☆『先生、それって「量子」の仕業ですか?』(大関真之/小学館)

By 清水銀嶺, 2017年3月22日

 書評記事を書きました。
 藤子・F・不二雄先生の絵柄で、女忍者の量子(りょうこ)さんを見てみたいです。
 過去の情報を元に、人や物を再現する装置は面白そうですが、自宅警備員を量産してしまうかも。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ