日常のメンテナンスをしているか

By 泉都市, 2010年9月6日

14:51
メモリ不足のXP。
ただでさえ遅いのに、プロバイダ指定の専用ソフトで接続しなければならず四苦八苦(PCが)。
22:16
プロバイダーの依頼で出動。
高速契約のお客様から「遅い」とクレームが入ったと。
XPのSP1で、HDDの空き容量が800MB以下、所有ルーターが54Mbpsタイプと、遅い原因が重なっている。
サポセンではリモートでMTUをいじったらしいけど、あえてスルーしたのか?
そして、お客様への説明がマズかったのか、「契約の時に説明されなかった」と怒られた。
ううん、でもさすがに「日常のメンテナンスをしているか」までは、営業さんも踏み込んでヒアリングなんて、しないしできないし。
これは、周知を怠ってるメーカーと販売店が悪い気がする。
22:49
XPのSP1でメモリー不足で「ノートン」は期限切れ。
対策を提示したが、「貰い物だからお金を掛けたくない」と言われ、そのうえ「前の持ち主に説明して」と頼まれた。
「代わりに聞いて」と人に頼んでばかりだと、メーカーや業者の食い物にされるだけではないかと。
そして、お客様が掛けた電話の相手と代わってPCの状態を説明すると、「インターネットができないなら解約する」と言ってきた。
なんだその話の飛躍は。
しまった、罠か!!Σ( ̄□ ̄;)
契約者でもないのに、「解約する」とチラつかせて交渉を仕掛けてくる人がたまにいる。
こちらは、契約者じゃないことを盾に交渉に応じない姿勢に徹する。
こういう事があると、メモリー不足とかHDDの容量不足とか知らせない方が良いのかなと思ってしまう。
地雷を踏むのは避けたい。
実際、他の業者を呼んだ事があるというお客様も「初めて聞いた」とか言うのは、やっぱり「触らぬ神に祟り無し」で触れないのではないかと。
デフラグ(最適化)ソフト
PC高速化(最適化)ソフト
通信速度高速化ソフト

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ