[訃報]三遊亭円楽氏死去

By ぽぅ, 2009年11月1日

讀賣新聞記事[社会面]2009年10月31日
朝刊記載より
さる29日76歳で、亡くなった落語家の三遊亭円楽氏
1996年の第一回放送から出演した。
「笑点」では、「星の王子様」などのキャッチフレーズが流行。全国区の人気者。三波伸介氏の急死を受けて83年に司会者に。演芸番組がテレビから消えていく中で、2006年5月に勇退するまで、四半世紀近くにわたってこの老舗番組を引っ張った。
(ぽぅは三波氏の笑点もちょっぴり見たかな?その時は三波氏が急死してたのは、知らないので、司会者が円楽氏に代わっていてびっくり!!)オープニングの曲が頭に残るねぇ…(^^ゞ
ちなみに今の笑点の司会者は桂歌丸氏(黄緑色の着物着て「歌さん!」って呼ばれてたかなぁ〜(゜ω゜?))
三遊亭円楽氏の死去を受け、日テレビは1日午後4時55分から緊急追悼特番を放送(関東地方のみ)
8日の「笑点」でも追悼企画を放送する。
また、NHKは8日午後1時35分から特別番組を放送する。10日午後2時から教育テレビで放送の「日本の話芸」も円楽氏の演目に差し替える。
腎臓病は長く患う程、合併症状が多いらしい。円楽氏も最期は、長男宅で眠るように息を引き取った。(人工透析は、その人の体質もあるようだけど週3回はそうとう患っていたと思う?ぽぅも透析室みたことあるけどベットの上で、太い針から機械にかけて透析を平均4時間かけて受けている患者さん多いねぇ…!?今腎臓病が悪化して透析になる患者さん多いらしい?別名サイレントキラ−とも本人は身体の怠さや一時期的に記憶力が無くす事も…そんな身体でよく頑張ってたと関心してしまった。)
透析が長い人程合併症状激しいみたい?
やはり、家族の支えと本人の生きたいと言う気持ちから闘病生活があったのだと思う?「ぽぅも看取りをしてるけど本当に病は気からと闘病生活で体験…看取る側も看取られる側も納得していれば、周りに何言われても結構冷静でいられるものかなぁ〜?」心の整理は時が解決してくれるとぽぅは思う!?)
人は、ご飯を誰かと美味しく食べ、身体を程々に(無理しないでね!)動かし寝たきり予防しましょうね(^-^)/
ぽぅはまだ風邪気味で寝込んで、記事書いてますf^_^;
引き続き風邪予防もしましょうね(^O^)/
皆様は、ぽぅみたいにながびきませんように(^_-)-☆
円楽氏現世でも「星の王子様」と呼ばれていましたが、お星様になってもお空からいつまでもお弟子さん、家族、ファンを「星の王子様」として見守り下さい。
馬円楽氏一ファンとしてご冥福をお祈りしますm(__)m
[追悼]

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ