息子が鼻を赤く腫らしてきた、鼻血は出なかったけど。

By 湖守龍花, 2013年9月2日

今日から、新学期でホットしたのもつかの間。
息子が、近所の友達に鼻をパンチされて帰ってきた。
あと、足も蹴られたということで。
事情徴収ということで加害者側の家に事情を聞きに行ってきた。
話を聞くと、戦いごっこをしていてそうなったということらしい。
最近の子供は、加減というのを知らないらしい。
いくら、遊びといえどもこれではちょっと。
うちの息子は間違っても暴力を振るうことはなく、他人に怪我させることはないので、そういう点だけは苦情を言われたこともない。
男の子なのだからわんぱくな子のが多いのは当たり前。
喧嘩するにも流儀あり。
私は息子に無駄な喧嘩はさせたくないと常日頃より、思っている。
同じ喧嘩するなら、道理をわきまえ筋道が通ったことだけに。
暴力というよりは、もっと穏やかなやり方で、解決できればそちらのがよい。
ま、たいした怪我ではなかったのでお互い様で気をつけましょうと。
やっぱりね、相手の子供には怪我ひとつなし。
話は、変わるが今流行りの日曜ドラマ『半沢直樹』
まさに、理想です。
痛快感があって、面白い。
原作本購入しようとしたら、近くの書店で売り切れだった。
特に、最新本の『ロスジェネの逆襲』
ブックオフにも並んでなかったし。
評判、めちゃいいのね。
もう少し、待ってみようかと思うけど。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ