【感想】『少年探偵団 BD7』

By 清水銀嶺, 2011年1月27日

  『BD7』を視聴。
 第1話から、いきなり宇宙人の円盤が出てきて、ひっくり返った。
 そして、怪人二十面相が宇宙人にやられてしまうという仰天展開。
 いくら江戸川乱歩の作品が有名とはいえ、少年探偵団に関する説明も何も無しで、随分と無茶をするもんだと逆に感心した。
 ノリは、ほとんど低予算の特撮ヒーローである。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ