コスモス 第三話「人造少女」

 朝、カーテンの隙間から差し込む光が顔に当たり、目が覚める。

 耳を澄ますと、外から小鳥のさえずりが聞こえ、心が澄んだような気分になる。

 僕はあくびをしながら床に足をつき、ベッドを降りて、掛布団を整えた。

 力が入りづらい手でカーテンを開けると、窓の外には青空と雲が幻想的に輝いていた。

 こういう日の朝は、心地良く、体が軽くなるような気がする。

 さて、と僕はその景色を後にし、ふらつきながら階段を降りて台所へ行く。

 母さんは先に起きていて、朝ごはんを作っている最中だった。

「おはよ、慶介。ちょっと待っててね。もうすぐ朝ごはん作り終わるから」

 朝だからか、母さんの声がいつもより優しく聞こえる。

「うん、おはよう。母さん」

 僕はダイニングチェアに座り、包丁でトントントンと何かを切っている母さんの後ろ姿をボーッと見つめる。

 テーブルには、みそ汁、野菜、煮物などのおかずが並んでいた。

 あとは、母さんが今切ってる何かと、ご飯を並べるだけだ。

「ご飯は僕がやるよ」

 僕は立ち上がって、母さんの右隣に行く。

「ありがとね」

「うん」

 炊飯器の蓋を開け、お茶碗としゃもじを取って、ご飯を掬う。

 ちらっと母さんの方を見ると、喉と左手首の傷が見えた。 

 なんでも、母さんが僕ぐらいの年に、父さんを助けた時についたらしい。

「父さんも、もう起きてくるかな」

「そうね、よそってあげて」 

 僕は三人分のご飯を、テーブルに運んだ。

 テーブルにご飯を置いていると、二階から人が降りてくる音がした。

「おはよう。あ、慶介はちゃんと早起きしてるんだね」

「おはよう、父さん」

「おはよ!アナタ」

 いっそう明るい母さんの声で、台所は一気にほのぼのとした雰囲気になる。

 母さんがきゅうりや大根の漬物が乗ったお皿ををテーブルに置いて、父さんはお箸を配っている。

「いただきます」

 三人の声が揃ったと思ったら、今度はカツカツとお箸が食器に当たる音がする。

 あの日、コスモスと出会った日から二日、一度も呼び出していなかった。

 今日はコスモスに会おうと思い、僕は早めににご飯を食べ終える。

 使った食器を流しに持って行き、汚れを洗い落していると、後ろで母さんが言った。

「慶ちゃん、今日は私もお父さんも帰りが遅くなりそうだから、先にご飯食べてて。夕飯は冷蔵庫の中に置いておくから。」

「ごめんね、最近仕事が忙しくなっちゃって」と父さんも言う

「ううん、いいよ。・・・・僕もこれから友達のとこに行ってくる」

 食器を洗い終えたら、次は着替えて、歯を磨く。

「行ってきます」

 仕事に行く両親より先に家を出る。

 朝なのにもう日差しが熱い。

 人気がなく死角の多い公園に足早で向かって、そこで携帯のアプリを開くと「通信します」と表示された。

「こちらコスモスです。何か御用ですか、マスター」

「あ、えっと。その……目立たないようにコスモスに乗りたいんだ」

「分かりました。装甲車を送りますからそれに乗ってください」

「装甲車!?」

「はい、もう送りますね」

 装甲車というワードにビックリしたけど、それ以上に装甲車を積んでいることに当惑した。

 そして近くの道路に、この前のトンネルが道路に出現して、装甲車らしき車が出て来たことで困惑した。

 装甲車に近づき小さな窓を覗くと、運転席には誰も乗っていなかった。

 少しゾッとして固まっていると、ドアがひとりでに開き、勢いで車に乗る。

 装甲車の中は硬そうな座席が四つ、真ん中には大きな台、天井にはハッチ、後ろにかなり大きな荷物が置けそうなスペース、ハンドルの周りには沢山のスイッチがあった。

 ドアを閉めると、ハンドルとアクセルが勝手に動き、トンネルへ戻る。

 トンネルの中は、やはり水色を基調とした世界が広がっていて、コスモスが停車していた。

 あっという間にコスモスの横に着き、客車が縦に割れると、車はその中に入った。

 多分ここは、格納車だ。

「ありがとう」

 僕は車にお礼を言って降りると、戦闘指揮所へ向かう。

 車内は、僕の暑い街と違ってとても丁度いい温度だ。

「おはようございます、マスター」

「おはよう、コスモス」

 部屋に入ってすぐに挨拶を交わした。

「今日はコスモスについてもっと知りたいから、列車を中から見ていこうと思う」

「分かりました。それと、生産車にて完成しているものがあります」

「生産車って?」

「ある程度の物なら何でも作れる車両です」と淡々とコスモスは答える。

 何を作ったんだろうと思い、列車を見てまわりながら確認するこにした。

 展望デッキのある一号車の内装は、普通のボックスシートと網棚があるシンプルなデザインで、見た目は昔の車両そのままだった。

 それから十数分、列車内を半分くらい探検して分かった事がる。

 普通車、ラウンジカー、食堂車、お風呂、主人専用個室、客室、医務室などコスモスの設備は生活するのに十分なほど揃っていた。

 そして最も驚いたのが、次の車両、ある程度なら何でも作れる生産車。

 もしかしたら、この列車はチートなのかもしれない。

 さっき言われた完成しているものが何なのか確かめるために、生産車に移る。

 特に何か作るように命令した覚えはないから、少し不安に思えて来た。

 生産車に入ると中は機械だらけで、小さな工場のようにも見えたけど、それよりも目を引くものがあった。

 中央に、縦に長い円筒形の水槽があり、その中で衣類を何も身に着けていない少女が眠っていた。

「何……これ。何で女の子が水槽の中にいるの?!」

「この娘は、アシスタント・ヒューマノイドです。」

「アシスタント・ヒューマノイド?」

「はい。私達のような列車では行えない細かい作業や、主の警護などの多目的用に、作成及び配備されるのです。報告が遅れてしまい申し訳ありません。」

 コスモスの声は珍しく落ち込んでいるように聞こえた。

「いいよ、それくらい」

 僕はゆっくりと水槽に近づき、手で触れてみる。

 すると、水槽は一瞬光り、中の水が抜けだした。

 僕は驚いて、後ろへ何歩か後ずさりしてしまった。

 そして、ガラスが下がると同時に少女はその場に倒れた。

「あの、大丈夫?」と声をかけると、少女は起き上がり、ゆっくりと目を開け、こちらを見る。

 肌が輝くほど白く、瞳は緑で、白い髪には水が滴っている。

 僕がそっと近づくと、少女はぼーっとした表情で、弱々しい声を発した。

「うぅ……あ…?」

「この子、言葉が話せないの?」

「はい、まだ言語についての情報を取得していませんので、教えるしかありません。ただ飲み込みが早いため、すぐに会話できるようになりますよ。私もお手伝いします、マスター」

「そっか、ありがとう、コスモス」

 とはいえ、まず何をすればいいのか分からず、ただ固まっていると、少女はヨロヨロと立ち上がり、歩こうと片足を前に出した。

 次の瞬間、彼女はバランスを崩してしまい、僕はとっさに肩をつかみ、ゆっくりと床に座らせる。

 とりあえず、僕の服と近くに置いてあった大きめのタオルを少女の身体に被せる。

「コスモス、この子の服を作ってあげて」

「分かりました。衣類のデザインは自動選択でよろしいですか?」

「お願い」

 近くの機械が次々と動き出した。

 服が完成するまで時間がかかりそうなので、歩く練習を兼ねて少女をラウンジカーまで手をひいて歩く。

 少女は、歩くスピードはゆっくりで、姿勢も不安定だったけど、僕が歩き方を頑張って教えると、すぐに覚えてくれて、段々手をひかなくても歩けるようになっていった。

 休憩しながらも、ついにラウンジカーに着くことができ、一息つく。

「お疲れさま。一旦座ろうか」

「あう……」

 僕は少女をフカフカのソファーに座らせると、すぐに早歩きで車両の隅へ行き、小声でコスモスを呼んだ。

「コスモス、ちょっといい?」

「はい、マスター」

「あの女の子に名前って……」

「ありません。マスター自身がつけられてはいかがでしょう?」

「えぇ!?」 

 女の子に名前を付けたことがない僕には、難題だった。

 かといって、少女や女の子と呼ぶのも嫌だ。

 「お願いコスモス、名前つけるの手伝って。僕、女の子に名前とつけたこと無いんだ」

 「全力にて承ります。女の子の名前にピッタリなものを、いくつか検索します」

 コスモスと相談し、色々と名前の案を出すこと数分、少女の名前は「イオ」と決まった。

 やっと決まった、と思ったら後ろから「んう…?」という声がする。

 ビックリして振り返ると、イオが立っていた。

 僕はイオに近づき、名前を教える。

「今日から君の名前は、イオだよ。」

「うお……?」

「イオだよ」

「いー…おー?」

「そうだよ、イオ」

 僕が微笑んで頷くと、イオは僕の真似をするように、微笑み返した。

 その笑顔は純粋で、可愛いと思ったけれど、どこか作り笑いの様にも見えた。

 突然、ピロン♪という音がすると、イオは驚いて僕の背中に隠れた。

「コスモス、イオがビックリしちゃってるよ」

「申し訳ありません。次は気をつけます。マスター、衣類の生産が完了しました」

「分かった、ありがとう」

 僕はイオの方を向き「こっちおいで」と手をひいた。

「あう……?」

 イオをお客さん用の個室に連れて行き、部屋の中のベッドに座らせる。

「ここで待っててね」

 僕は生産車両の方へ衣服を取りに行った。

 生産車両に着くと、紺色の衣類が入った紙袋が置いてあり、すぐさまイオのいる部屋へ戻った。

「はいイオ、この中の服を着て」

「う…?」

 何を言ってるのか分からなかったのか、イオは首を傾げた。

 僕は袋を床に置いて、まだシワひとつ無い新品でサラサラした紺色の服やワイシャツを取り出し、広げて着る仕草をする。

 大げさなくらいに、出来るだけ分かりやすくしようと夢中でそれをしていて、他に何かないかと袋の中に手を入れると、新品の白い下着を出してしまい、とっさに手に持っていた服と一緒に袋に戻した。

 チラッとイオを見上げると、理解したような表情で紙袋を持ち上げ、身に着けていた僕の服とタオルをベッドに置き、服を着ようとしだした。

「あ…着たら呼んで!」 と僕は目を瞑って急いで部屋を出た。

 廊下で窓の外を眺めながらイオを待っていると、着替えに手こずっているみたいで、部屋の中からガタガタドタンという音がする。

「大丈夫かな……」

 しばらくすると音がしなくなり、静かになった。

 心配になり、ドアに耳を当てると、ゴソゴソしているのが聞こえ、どうやら落ち着いたみたいだ。

「さて、これからどうしようかな」

 溜息をつきながら、窓の方に視線を戻して呟く。

 ガチャッという音で振り返ると、着替え終わったイオがドアを開けて出て来た。

 僕は、服を着たイオに一瞬で見惚れた。

 紺色の生地に銀のボタンが付いている制服、その下のワイシャツの襟には黒いリボンが蝶々結びで結ばれていて、下半身は膝までかかるスカートを履いていている。

 視線を落とすと、イオの手が女性の車掌さんとかが被る帽子を握っていることに気づいた。

 僕は、その帽子を手渡してもらい、イオのあたmに被せてみた。

「とっても似合ってるよ」と褒めると、イオはニコッと笑って返してくれた。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.