【去人の星】水鳥鐵夫:言葉の意味は良く判らんが、とにかく凄い自信だ

By 犬山しんのすけ, 2010年7月28日

遅くなりましたが、水鳥鐵夫氏の追悼イラストを描かせて頂きました。
『キン肉マン』でのブロッケンJr.を代表作とする見方も多いのですが、今回はよりによって与作さんの方でヽ(´∀`;)ノ
いえホント、名バイプレイヤーであった水鳥氏は、実に多彩な役柄演じられて、代表作に迷うところですね。
そういえば、『機動戦士ガンダム』でも、ガデム曹長と言う名キャラを好演。
また、近年は演出家としても、精力的に活躍されていたそうで。
今はただ、合掌。
〔水鳥鐵夫:言葉の意味は良く判らんが、とにかく凄い自信だ〕


略歴
 2010年7月14日、逝去。享年71。
 1960年代から声優としての活動を始め、1980年代に『キン肉マン』でアニメファンに広く知られるようになった。
 2000年代に入ってから、声優業のだけでなく、演劇において演出家としても活動している。
 晩年は、病気療養中だったそうだが詳細は不明。
犬山しんのすけコメント
『キン肉マン』でのブロッケンJr.を代表作とする見方も多いのですが、今回はよりによって与作さんの方でヽ(´∀`;)ノ
いえホント、名バイプレイヤーであった水鳥氏は、実に多彩な役柄演じられて、代表作に迷うところですね。
そういえば、『機動戦士ガンダム』でも、ガデム曹長と言う名キャラを好演。
また、近年は演出家としても、精力的に活躍されていたそうで。
今はただ、合掌。
清水銀嶺コメント
 実は、失礼ながら長いこと「水鳥」ではなく「水島」と勘違いしていた。
 その声を意識し出したのは、『キン肉マン』の与作さんで、子供の頃にはよくマネをしていたもんである。
 後に、正しい名前を知るとともに、ブロッケンJrも演じていたということに驚いた。
 それでも一度意識した声というものは不思議なもので、メインキャラを演じることは少なかったものの、多くの作品でその声を聞き、その名前を見かけると、なにやら安心を覚えたのは、声質はもちろん、やはり与作さんのイメージによるものかもしれない。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ