【写真日記】『ガンダムスーパーエキスポ東京2010』に行って来た!

By 犬山しんのすけ, 2010年8月13日

今回は、東京ドームシティプリズムホールにて開催中の『ガンダムスーパーエキスポ東京2010』をご紹介。
昨年がTVアニメ『機動戦士ガンダム』放映開始30周年なら、今年は”ガンプラ発売”30周年!
1980年に発売開始されたガンダムのプラモデルたち。その歴史を振り返り、そしてその未来を見つめるガンプラゾーンをメインに据え、また『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』や『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)第2巻』の映像も上映。
勿論、会場限定オリジナルグッズも多数。大変見応えのあるイベントでした。
毎度の如く、お客さんに混じってアレコレ撮影してきたのでどうぞ。
〔ガンプラ02〕
まずは、東京ドームシティプリズムホールの入り口を抜けると、ドーンと出迎えてくれる大きなパネル。
このガンダム、かなりの美形ですね。
最初のブースは【Growing Up 進化するガンプラ】と題し、1980年発売の初代モデルから、最新モデルまで、進化の鍵となるガンプラの展示や、ガンプラの産地「バンダイホビーセンター」の紹介も。
〔ガンプラ03〕〔ガンプラ04〕
最初に並んでいたのは、歴代のRX-78-2ガンダムのプラモたち。
懐かしの元祖1/144サイズ(左)に1/100サイズ(右)。えぇ、小生も1/100を買いましたよ。合体ギミックに萌え!
〔ガンプラ08〕
1/144ガンダムのパッケージアートも大きく展示。
〔ガンプラ05〕〔ガンプラ06〕
こんなのもありましたねぇ、内部メカニックを表現した1/72メカニックガンダム(左)と、本編の名場面を再現したディオラマモデル1/250情景模型シリーズ(右・画像は『ランバ・ラル特攻』)情景内の左奥にある小さなザクとグフは、あくまで遠近法を表した物ゆえ誤解無きよう。
意外とガンタンクの造型が良好ですな。
〔ガンプラ07〕
こちらは『プラモ狂四郎』を代表するオリジナルMSパーフェクトガンダムと、MSVシリーズを代表するMSの一つ、ジョニー・ライデン専用MS-06R-2高機動型ザクII後期型(当時はこれを単にザクIIと呼んでいたかと)


〔ガンプラ09〕〔ガンプラ10〕
打って変わってこちらは制服。連邦軍の制服?いえいえ違います。
実はこれ、静岡にあるバンダイホビーセンターの制服。スタッフの気合の証。
〔ガンプラ11〕
ホビーセンター全体の模型も。
〔ガンプラ12〕
試作中のVガンダム。こうして何度も検討を重ねて作り上げて行く訳ですな。
〔ガンプラ13〕
かの1/60電動式射出成形機のプラモも有りました。
〔ガンプラ14〕〔ガンプラ15〕
こうして幾多の製品が生まれていく訳です。
今回は、これまで。まだまだ紹介し切れません。続きはまた次回。
お急ぎの方は、是非とも東京ドームプリズムシティホールまで

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ