☆書評☆『ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな?: ノッポ流 人生の極意』(高見のっぽ/小学館)

By 清水銀嶺, 2017年1月15日

 書評記事を書きました。
 ご自身が高齢者と云われる80代になっても、電車で老人が座れるようにしてあげるノッポさんの生き方に憧れます。
 お父様の思い出話も、ほっこりさせてくれます。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ