説明書通りに設定できない製品がある

By 泉都市, 2010年9月8日

12:38
高速回線契約のお客様から速度が出ないとのクレームを受けたプロバイダからの依頼で出動。
ところが訪問した時点で、お客様は解約の意思を強くしており、モデムも取り外されていた。
仕事をさせて下さいとお願いして、設定変更で元の倍以上の速度までは引き上げられた。
しかし解約の意思は強く、詳しく尋ねてみたら、営業さんからは「とにかく当社を試して欲しい」と言われ、導入後に不満を伝えると「調べてみないと解約できない」と言われたことに立腹している様子。
「試し」と言ったのだから、調べるかどうかは別な話で解約できなきゃオカシイ。
ところがサポセンは呑気なもので、状況を報告すると、担当営業が休みなので後日に連絡を入れされるという。
いやいやいや、それはマズイでしょ。
別な人からでいいからフォローの電話を入れないと。
ボクみたいに、その不満をネットに名指しで流されちゃうかもしれませんよ?
20:46
無線接続の依頼で訪問。
お客様が購入していた無線ルーターがプラネックス製で絶望した。
今日も帰りが遅くなるかも、神様の意地悪、などなどが頭の中を駆け巡る。
不思議なんだよねー、説明書通りに作業すると、必ず失敗する。
今回もダメで、手動設定したら無事に終えられた。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ