自民党葬祭戦

By 泉都市, 2007年9月14日

「盛り上げるのが良いのか、静かに見守るのが良いのか」




 午後の情報番組で、早々に派閥の論理で福田氏が新総裁に決まりそうという話題があって、リポーターがスタジオにカメラを返すときに一言。
「以上、派閥の前からお伝えしました」
 お茶吹いたわ(笑)
「自民党本部前から」と言いたかったのかな。
 字数も字面も、ぜんぜん間違えそうもないのに。
 このネタだけで、ボクは今回の自民党総裁戦は楽しめた(⌒▽⌒)


(読売新聞より引用)
 安倍晋三首相の辞任表明に伴う自民党総裁選は14日、告示された。
 町村派の福田康夫・元官房長官(71)に対し、町村派、丹羽・古賀派、山崎派、谷垣派、伊吹派の各派領袖(りょうしゅう)が支持を表明。出馬の意欲を示していた津島派の額賀福志郎財務相(63)は出馬を断念し、津島派も福田氏を支持する方向だ。
 福田氏への支持は、国会議員だけで選挙人の過半数を超える見通しで、福田氏の新総裁就任が事実上、固まった。
 一方、麻生太郎幹事長(66)は同日午後、記者会見し、総裁選出馬を表明する。
 総裁選は15日に立候補届け出、23日に投開票を行い、新総裁を選出する。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ