人生楽しむ方が…近所の子供の母親について。

By 湖守龍花, 2012年9月28日

学童の帰り、息子とよく遊んでる近所の女の子の母親に遭遇。
別の息子の友人の母親から、実はその女の子の母親もヘルパー仕事しているよという話を伺い声をかけた。
しかし、どうも私の思ってたイメージと違う。
あまり言いたくはないが…ネガティブ感が否めない。
そういう仕事を好きでやってるというのでもなさそうだ。
それどころか、資格を持ってるわけでもないのに働かせてもらているという。
私から言わせれば資格もなくて働けているのならそれはそれで御の字の方だと思うし…この世知辛い世の中贅沢いったらきりない。
それにもかかわらず、もう辞めたくて辞めたくての連発。
あんまり言うので、少し可哀そうになり…次の仕事は決まっているの?
と尋ねればマダだというし、どんな仕事をこれからしていきたいの?
と伺えば本当は保育関係の仕事がしたいとか学童の先生になりたいとかいう。
で、そういう資格は当然あるから言っているのかと思い…あるならきっと大丈夫よ。
と返答してしまったが…実は持っていないという。
なら資格とれるような勉強をしているの?
と伺えば、40過ぎてるからもう無理…。
失礼ながらこの人は、いつもどういう気持ちでなんの為に生きて働いてるんだろう?
と感じてしまった。
そうしたら、今度はこちらの方から特別にきいてもいないのに子供の話になって…。
〇〇ちゃんがうちの子いじめるから、もう遊ばないで…。
とヘルパーをしてるよと私に明るく教えてくれた母親とその娘さんの両方に対してそう言ってしまったという…ハッ?
私にはとてもでないが、理解できそうにない。
挙句の果てに、〇〇ちゃんちと自分のうちが近いから引っ越したいとまでいう…。
確かに、そこの敵対しているうちの娘とその母親と同じ棟のアパートに住んでるから顔を合わせたくないのはわからないでもないが、なんか思い切り違うんでないの?
と思ってしまった。
アーア~のため息。
同じ、ヘルパーをしてても…考え方が全く合わないわ。
だからといって、みんながみんな…向上心持って仕事をしてるとは決して思わないが、そんなふうにいう人も珍しい。
この介護の仕事は、確かにある程度やる気のある人でないと勤まらないのもまた事実は事実。
それにしても…何でもよいので信念を持ち合わせてる人や前向きな人だったら、こちらの方としても何かあれば少しでも協力しようとかと思うし仲良くなりたいとも思ったりするが…。
とにかく、前向きな人が私は好きなのよ。
同じ人生なら楽しい方がよいのでと感じる湖守でした。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ