介護職になった動機。

By 湖守龍花, 2012年11月26日

介護現場の実情
http://togetter.com/li/148928
なんか、このような介護ボランティアのつぶやきを見つけました。
確かに、この人の言うようなところがあるのも事実。
否定はしません。
仕事のハードさのわりに、報酬が少ないのも承知してます。
離職率が半端なく多いのもホントです。
でも、ナゼこの職を専門としたのか…。
私の事を少し書きましょう。
一番のきっかけは、義母が薬剤師だった影響からヘルパー資格を取得する為の費用を出してもらえたからです。
さすがに最初はえっ?と思いましたが、なら行ってみようかと単純に…。
それから何年かして、ママ友とバイキングレストランでのランチ中にふと…介護ヘルパーの話で盛り上がっている所に、ナゼか現在私が所属してる介護付き有料老人ホームの施設長より名詞を手渡されて「よかったら来てみてください」と声掛けられ、一ヶ月後にホントに面接に行ったらパートで入職、現在に至ります。
場所も意外と近くて自宅より自転車で10分くらいで行ける範囲だったので、私にとってはラッキーな話でした。
ここまで、ほぼ成り行き任せの私でしたが数年前くらいにヘルパー資格だけだと、そのうち介護でもしも別の施設に転職する場合は不利みたいだからと、専門学校を出て介護福祉士を修得した知り合いに言われ、職場でも介護福祉士の資格は絶対に将来的に取った方が良いと、皆が口を揃えて言うので…ならば取りましょうと一念発起したしだい。
現在では、専門学校卒だけでは国家試験を受けないと介護福祉士にはなれないと、法改正もあったようですが…。
介護に関する法改正も、刻々と変化するので勉強はかかせません。
で、ケアマネ…。
今年は、職場でのあまりの忙しさに断念したものの…来年はきっと、修得できたらな~と思っています。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ