ノートパソコンのバッテリーのもちが悪くなったら何をすればいい?

By 泉都市, 2011年8月4日

上海問屋、Wi-Fi経由でPCの画面をHDMIでTV出力するドッキングステーション
マイコミジャーナル

同製品は、Wi-Fi機能を利用し、パソコンの画面を離れた場所にあるテレビやプロジェクターにHDMIで出力可能にするドッキングステーションである。720pのHDMI出力で画像や映像を表示でき、パソコン側の解像度は1080pまで対応している。
より速くなったモバイルノートPC「MacBook Air」
読売新聞

「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」ですっかりおなじみとなった指先で操作する「マルチタッチ」だが、その操作性を取り入れ、パソコンのトラックパッドを使って自然と行えるようにしたのが「OS XLion」だ。
復興ニッポン 突然の停電からパソコンとデータを守る「UPS」
nikkei BPnet

 突然の停電からパソコン、そしてハードディスクドライブ(HDD)に保存されているデータを守る手段として、「無停電電源装置」(UPS)という機器への注目が高まっている。震災前に比べると、家電量販店での売り場も大きくなっているため、「これは、どういった機器なのだろう……」と思った人もいるだろう。
 いったいUPSとは、どういったものなのか。どうやって使うものなのか。また実際に購入する際には、どういった点に注意すればよいのか。順に見ていこう。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/reb/20110728/279141/?top_f2
パソコン作業でツライ症状ランキング
Ameba News

1位は《眼精疲労》という意見。パソコンのディスプレイを見続けなければならない作業をする人には要注意の《眼精疲労》は、症状がひどくなると眼の疲れが取れなくなったり肩凝りを招いたりするそう。定期的に眼を休め、眼のマッサージを施すなどといった予防をしておく必要がありそうです。2位、3位には《肩こり》や《首のこり》といった症状がランク・イン。パソコン作業は長時間同じ姿勢を保つことで血液の巡りを悪くし、《肩こり》や《首のこり》を招いてしまいがち。パソコン作業中に無意識に背中が丸まっていたり、顔とディスプレイとの距離が近すぎる人などは特に要注意なのだそうです。長時間目を見開かなければならないので、4位の《ドライアイ》の症状に悩まされている人も多いよう。
仕事場探訪:アップルの小型パソコン「Mac mini」の格納にIKEAのウォールシェルフがピッタリ
ライフハッカー

モニター台兼用となっているため、パソコンを使わないときには冒頭画像のようにピタッと閉じると、キーボードや外付けハードドライブ、ルーターなどがすっきり収納できます。
堂々と欲しかったBDドライブを買うチャンス!パソコンを薄型テレビのBDレコーダーにして、父の威厳を復活だ
ITライフハック

「BRD-U8DM」は、DTCP-IPによるネットワークダビングに対応した外付型ブルーレイドライブだ。
パソコンの周辺機器だが、薄型テレビに録画したテレビ番組を、ホームネットワーク経由でBD・DVDメディアに保存することができる。
「録りためた番組をブルーレイにダビングしたいけど、テレビにはブルーレイドライブが付いていない。」と悩んでいる人には、オススメの神アイテムなのだ。
ノートパソコンのバッテリーのもちが悪くなったら何をすればいい?
ライフハッカー

バッテリーはだんだん弱くなりますし、寿命もあります(寿命はだいたい3年ほどですが、最新のノートパソコンならもっと長いかも…)。あなたのノートパソコンのバッテリーがどのような状態かはわかりかねますが、以下に有用なツールを紹介するので、試してみてください。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ