費用対効果は吟味して

By 泉都市, 2011年1月22日

10:30
バイクで訪問しているから、この季節はお客様宅に上がるのだけが救い。
……のはずなのに、何故か窓を開け放している。
お客様が寒さに強いのかというと、厚着してるし。
どうして、窓を開け放してるの~(>_<)
寒くて、PCを操作する手が悴(かじか)んだ。
12:57
メールの送受信NGということで出動。
以前に同業者が行ってるので記録を見せてもらったら、ybbを解約したとある。
そして、お客様のPCにはybbのメールアカウントが残っており、要は解約後に設定が残ってるからエラーが表示されただけ。
新規プロバイダのメールは正常。
ybbの解約を確認してるなら、ybbのアカウントも削除するなり、送受信しないように設定しておけばいいのに。
ちょっと酷いんじゃない?
そう思って後で問い合わせてみたら、お客様には説明していた模様。
その手の確認はボクよりも信用のおける人なので、どうやらお客様の方で忘れていたようだ。
ボクも以前に、お客様がメモを取ってるからと安心していたら、そのお客様から「聞いてない」というクレームが入って凹んだことがある。
15:24
XPの更新が毎日ずっと続いてるというトラブル。
期限切れのノートンを削除したら、アッサリ解決。
それにしても、ウイルス対策ソフトの期限切れを放置している人の、なんと多いことか。
18:27
プロバイダからの外注として訪問する身としては、お客様が選択したプランに口を出すことはできない。
でも、「ああ、営業マンの口車に乗せられて、そんな高くて無用なプランを……」という場面も多い。
面倒でも、お客様には費用対効果は吟味して欲しいところ。
20:31
パソコンのトラブル解決に訪問すると、スキャンや更新なんかで「待つ時間の方が多い」なんてコトがある。
それこそ、要所要所で「Yes」や「承認」のボタンを押すだけで、3時間余りボーッと待つしか無いとか。
そういう時の、お客様の視線が痛い……。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ