コスモス 第六話「夜空に咲く花」

 八月の上旬、午後五時。日が沈みかけ、街を綺麗な薄いオレンジ色に染めていた。

 僕とイオは今、家の前で凛音と里久が来るのを待っている。

 最近はコスモスやイオと会ってばかりで、里久たちと遊んでいなかった。

 さすがに里久たちとも遊びたいと思ったので今日はイオも連れて、街で行われる花火大会に行くことにした。

 事前に二人には、イオは遠い親戚の子ということで説明してある。

 別に隠す必要はないけど、本当のこと言っても信じてもらえないどろうし、それにイオは普通の女の子なのだから。

 今日のイオはいつもの車掌服姿ではなく、紺青の生地に秋桜の模様で彩られた浴衣を着ている。

 コスモスがイオのために、列車の中の設備を駆使して作ってくれたのだ。

 僕はというと、水色のTシャツとジーンズのシンプルな服装で、もし凛音と里久が二人そろってオシャレして来たらどうしよう、と今更不安になってきている。

 ふと、隣にいるイオに目をやった。

 浴衣がよく似合っていて、最初に見た時は見惚れてしばらく言葉が出てこなかったぐらいだ。

 イオはこちらを向き、目が合った。

 思わず心臓がドキンッと大きく跳ねるのを感じた僕は、なんだか急に恥ずかしくなり、辺りを見回した。

 すると道の向こう側の角から、歩いてこっちに向かってくる二つの影が視界に入った。

 よく見てみると、白くカラフルな水玉模様の浴衣を着た凛音と、チェック柄のTシャツと半ズボン姿の里久だ。

 良かった、里久も同じ感じの服装だ。

「久しぶり、里久。凛音」

「おう」

「待たせてごめんね」

「いや、ピッタリだよ」

 里久は相変わらず寝癖が目立つけど、凛音は学校で見る時より綺麗な気がする。

「あ、この子がイオちゃん?可愛いね」

 イオに気づいた凛音は、流れるように僕の横に来た。

「え、えと、あの、イオです。よろしくお願いします!」

 僕以外の人と会うのが初めてだからか、声を震えさせながら、二人に深々とお辞儀した。

「おう、俺は加藤里久。よろしく」

「私は夏川凛音。よろしくね」

「は、はい!よろしくお、お願いします!!」と再びお辞儀をした。

 今はイオは二人に怯えてるけど、凛音や里久の性格なら、きっとすぐに仲良くなれるはず。

 それまで、出来る限りサポートしよう。

「じゃ、行こっか」

 凛音が仕切り、僕たちは花火会場まで歩き始めた。

「宿題やってるの、里久?」

「あーずっとゲームしてたから、あんま進んでない。暑いからやる気ねーし」

 笑いながら答える里久。

「多いよね宿題」

「お前やってんのか?」

「僕もやってないよ」

 コスモスのところに行きすぎて、あまり宿題に手を付けていなかった。

 いや、さすがにちょっとはやろうかなと勉強道具を持って行ったこともあるし、コスモスは冷暖房完備だし静かで集中しやすい環境だから、やろうと思えばやれるのだろうけど。

 帰ったら宿題やらないとな、と心に誓い僕は友達と一緒に夕日で彩られた街を歩き、花火大会の会場へ向けて歩き続ける。

 

 花火会場の外側にもしもの時のために消防車が数台停まっている。

 会場内はすでに大勢の人々で賑わっていて、僕らの近くで小さな子供たちが楽しそうに、キャッキャッと走りまわっている。

 他には年上のカップル、同い年ぐらいのグループ、家族連れがいて、凛音の様に浴衣を着ている人も少なくない。

 花火を見るための広場や屋台、どこを見ても人がいる。

「あ、あの……ご主人様」とイオは僕の後ろに隠れた。

 この人だかりが、少し恐いのかもしれない。

「大丈夫だよ、イオ。怖くないから」

 僕は笑いながら言って、イオの手を引いた。

「先に席とっておこうか」

「おけ」

 芝生が茂っている所ではもうほとんどテントや大きめのレジャーシートで埋め尽くされていて、僕らもどこかにスペースがないかと真ん中あたりまで歩くと、丁度四人分くらい座れそうな開いてるスペースを見つけた。

 僕と里久はすぐにレジャーシートをひろげる。

「じゃあ、荷物置いて皆それぞれ何か買ってこよ」と凛音が言う。

 とりあえず、花火が打ちあがるまでの時間、僕たちは屋台で何か買うことにした。

 里久と凛音は射的屋に並び始め、僕はイオと何か夕飯になるものを買おうと順番に屋台を見て回る。

 しばらく歩いていると、イオが立ち止まってどこかを見つめているのに気づいた。

 視線の先にあったのは袋に詰められたわたあめだった。

 もしかした、食べてみたいのかもしれない。

「ちょっと待ってて」

「え?あ、はい」

 屋台の方へ近寄り、お財布から小銭を取り出して屋台の優しそうなおばさんに渡すと、おばさんは慣れた手つきで棒を回して、みるみるとわたあめを作り上げた。 

 僕はそれを受け取り、イオの所に戻った。

「ご主人様?」

 はい、と僕はわたあめを差し出す。

 イオは少し驚いた顔をして、僕とわたあめを数回、交互に見た。

 そしてゆっくりと手を伸ばし、綿あめの棒を掴んだ。

「それは、綿あめって言って、砂糖で出来ているんだ」

 イオは小さく口を開けてわたあめを舐め、また驚いた顔をする。

「美味しい……です。この間のチョコとは違う甘さで、柔らかくて……」

 気に入ってくれたようで、どんどん食べている。

 近くのたこ焼き屋さんで買い物をし、他の屋台で焼きそばや飲み物を買う。

 その間もイオはずっとわたあめを食べている。

「「おーい、そっちなんか買った(か)?」」

 人ごみの中から出てきて、両手に二本ずつラムネを持ち、腕からビニール袋をぶら下げた凛音と、やたら多くの景品を抱えた里久の声が揃った。

「うん、色々買ったよ」

「じゃあ、戻って食おうぜ」

 合流した僕たちは、とっておいた席に戻り、買った物を食べながら花火が打ち上がるのを待つ。

 気づけば、イオはわたあめの棒だけを握っていた。

「イオ、わたあめのゴミはこの袋に入れて」

「はい」

 僕が袋を差し出すと、イオはそれに棒を入れ、持ってきたウェットティッシュを取り出し口元を拭いた。

「さっき皆のラムネ買ってきたから飲もうよ」

 凛音が全員に手渡して言う。

 僕はイオの分を含めて二百円を凛音に渡す。

 里久も渡す。

「はい、イオ。凛音がラムネ買ってきてくれたよ」

 イオはラムネを手にしているが、見たこと無いそれをどうすればいいのか分からず困惑している。

「イオちゃんは、ラムネ飲むの初めて?こうするんだよ」と凛音がなんだか楽しうに教えている。

 テンションが高い凛音と、それを楽しんでいるイオの二人が笑いあってる姿が微笑ましいと思う。

 僕と里久もたこ焼きを食べながら動画配信者やアニメ、ゲームなどいつも通りの話をして盛り上がる。

 すっかり空が暗くなり、星が所々に見える。

 気づけば、花火の打ち上げ開始時間の十数秒前となり、胸が高鳴るのを感じた。

「打ち上げ十秒前」

 アナウンスの声が会場全体に響き渡る。

 その声と会場にいる人たちの声が一緒になって、打ち上げのカウントをする。

「ゼロ!」の声でビュン!という音と共に一気に花火が打ち上がり、鳥肌が立つ。

 パッと光の花が開き、後出しじゃんけんの様に遅れてドン!という重い音が体の中、心臓まで響いた。

 色鮮やかな光の花びらが散り、すうっと消えてゆく。

 イオの方へ目をやると、イオは音にビックリしたのか目を丸くし、口をわずかに開けたまま動かない。

 それから、花火がドンッと大きな音を立てるごとに、肩を小さくビクッと動かしている。

 僕はイオに近づき、肩を軽くトントンと叩き「大丈夫?」と声をかけた。

 さらに驚いたのか、僕の方にバッと振り向いた。

「えっと……はい、大丈夫です」

 しばらく間があってから、花火の音でかき消されそうな声で返えした。

 困惑した表情だったのが落ち着いた表情に戻り、僕はそれを確認すると、再び花火を見る。

 イオはどうやら、皆がこの半日を見て楽しんでいると理解したようで、さっきの困惑した表情とは打って変わって興味津々にその花火を見つめている。

 ヒューヒュー、ドンッドンッ、ジャラララ…と音を何重にも重ねながら、太鼓の様に轟かせながら、紅い花火、オレンジ色の花火、緑の花火など、色も形も様々な花火が、次々と打ち上げられた。

 何連射しているかも分からない小さな花火、空全体をを覆ってしまうんじゃないかと思うほど大きな花火。

 この夜空に花が咲いて、散っていったのだ。

 僕は、そんな花火をどこか切なく感じた。

 花火の光がラムネの瓶に残った水滴を輝かせ、ビー玉の中には花火が映し出される。

 会場の周りの建物にまで、ドンッ!という音がぶつかり、震えているのが分かる。

 里久は携帯を手にして、僕たちや花火を撮って凛音とはしゃいでいる。 

 僕たちは夢見心地になっていた。

 

 フィナーレの超大スターマインで、爆音に紛れて「おお!綺麗!」「凄い!」と歓喜の声と拍手が聞こえた。

 最後に残された黄金の花が散るのを、大空に輝き続ける人一倍明るい星が見送った。

 楽しかった時間も感動した瞬間も、花火が終わった今では遠い過去の様に思え、心に淋しさだけが残った。

「以上をもちまして―――」

 花火の終わりを告げるアナウンスで、周りの人が立ち上がり、帰る支度をし始める。

「よし、それじゃあ、帰ろっか」凛音はそう言って立ち上がった。

 里久も立ち上がるとレジャーシートを折りたたみ、イオがそこら辺のゴミを集め、僕はそれを袋にまとめる。

 全員が荷物をまとめ終え、最後に忘れ物がないかライトで照らして確認する。

 会場の出口には人が溢れて、大きく長い列になっていた。

 僕たちもそれに並ぶ。

「今年の花火凄かったな。感動したわ~」

 里久が早口で言う。

 たしかに、今年はいつもより派手になっていた。

 個人の提供ですら大迫力だった。

 パチンコ屋さん提供の大スターマインは例年通り、金色で特に派手だった。

「イオちゃんどうだった?」

 歩きながら、凛音がイオの顔を覗く。

「え?!あ、とても綺麗でした!」

 二人はニコッと笑いあった。尊い。

 やっと会場から出られた僕たちは、暗い道を歩く。

 耳を澄ますと、虫の鳴き声が、近くの茂みから聞こえる。

「お前、こういう虫の鳴き声とか好きそうだよな」

「うん、好きだよ」

 僕の趣味が里久に全部バレているみたいだ。

 歩いていると、道の途中にあるコンビニが、明るく光っているのを見つける。

「あ、俺ちょっとトイレ行ってくるわ」

「私も行ってくる!二人は?」

「僕は大丈夫だよ」

「私も平気です」

 里久と凛音はコンビニの中へ入ると、一目散にトイレの方に駆け込み、残った僕らは外で待つ。

 コンビニの窓には、店内の白い光につられて蛾が群がっていた。

「ご主人様、今日は誘ってくれてありがとうございました」

 イオは満足した表情で僕に言う。

 僕だってイオに来てもらえて嬉しい。

「来年も行こうか」

「はい!」

 元気に返事をすると、嬉しそうに体が小さく跳ねた。

 改めて、浴衣姿のイオを見た。

 不思議と、僕はそこから視線を逸らすことが出来なくなった。

「ご主人様?」イオは首を傾げた。

「あ……えっと」

「お待たせ!」

 横を向くと、里久と凛音が立っていた。

「早いね二人共」

「ああ、まあな。行こうぜ」

 コンビニの駐車場を出て、僕たちは再び夜道を歩いて家へ向かう。

 暗く少し不気味で、でも星が見える、そんな夜道だ。

 T字路に差し掛かると、里久が僕らの方を向く。

「俺らこっちから行った方が近いから」

「あ、じゃあここで別れよ」

「じゃあね、イオちゃん」

「はい、りんね様」

「様…?」

 凛音は首を傾げ、里久も不思議そうに見ている。

 もしかして、僕の友達のだから凛音にも様づけしちゃうのかもしれない。

 ちょっとずつ日汗が流れ始める。

「あ、えっと……」

 どう言い訳しようと凛音を見ると、「ま、いっか」と、里久と一緒に手を振って、歩き去った。

 僕は胸を撫で下すと、二人の背中を見送って、また歩き始める。

 本人たちは否定してるけど、あの二人は傍から見れば、付き合ってるようなオーラを感じる。

「どの辺でコスモス呼ぼうか」

 星を見ながらきく。

「あ、私もコスモス呼べるので、一人で人目のつかない所に行きます」

「そうは言っても一人じゃ危ないよ」

 コスモスや装甲車を呼ぶとなると、街灯が少ないところに行かなくちゃいけない。

 暗いところだと、色んな意味で危険な目にあうかもしれない。

 どうしようか悩みながら歩いて、近くに暗い裏路地と自動販売機がある道に出た。

 突然、大柄の男が一人と小柄お男が二人、裏路地から出て来た。

「ねぇ、ちょっといいか?というか来い」

 僕とイオは驚いて固まっている間に、裏路地へ連れていかれた。

 暗すぎて、三人とイオの影しか見えない。

 大柄の男が顔を近づけて言う。

「お金とかあったら出してくれないかな。何もしないからさ」

 お金!?まさか、アニメや漫画でよくある、カツアゲ!?

 でも、僕はお金は会場でほぼ使って、残りは四十六円しかない。

「すいません、持ってないです・・・」

 僕は、恐怖で出ない声を無理矢理絞り出す。

 すると、男がいきなり胸倉をつかみ、壁に押し付け、僕は背中を強打した。

「ぐっ……」

「出せって言ってんの!」

 男の怒鳴り声に、恐怖を通り越した僕は、右手と右足を出して平手で相手のお腹を思いっきり押した。

 不意打ちで鳩尾(みぞおち)に入れられた男は、お腹を抱えうずくまる。

 小柄の男が「このガキ!」と僕に殴りかかり、僕は思わず手を顔の前に出してガードする。

 でも、拳は来なかった。

「いてぇっ!」

 男の腕を掴む影。イオだ。

「ご主人様に危害を及ぼす者と判断しました」

 気のせいだろうか、緑色のはずのイオの瞳が紅く見える。

 イオは、痛がる小柄の男を地面に叩きつけた。

 小柄の男は、あまりにも痛かったのか、地面に横になったまま起き上がろうとしない。

 今度はもう一人の小柄の男が胸元から何か取り出し、イオの背後を取ろうとする。

 男の手元が一瞬光る。

「ナイフだ!イオ!」

 僕がイオの方へ動く前に、イオは手を前に出し、男の顔に平手を食らわせた。

 三人の男が全員倒れている。

 逃げる時間を稼ぐことが出来たと思った僕は、すぐにイオの手を握る。

「逃げるよ!」

「は、はい」

 イオの手を引いて走り、裏路地から大通りに飛び出すと、横からトラックが来ていた。

「うわっ!!!」

 すぐそこまで来ているトラックにもう駄目だと、目を瞑った。

 でも、僕の身体は浮き、目を少し開けると、街の家の屋根が見えた。

 と思ったら今度は急に落ちた。

「うわあぁぁぁぁぁぁ!!!」

 心臓が浮くような感じがして、一瞬で冷や汗をかく。

 どこか家より高いところに優しく着地した。

「大丈夫ですか?ご主人様」

 イオが僕の顔を心配そうに覗き、僕はハッとして、この状況を確認する。

 この体勢、この感触、イオの顔の位置、間違いない。

 僕…イオにお姫様抱っこされてる。

 いや、これ男女逆!!

「えと、だ、大丈夫。ありがとう」

 そう言うと、安心したのか、イオの表情が柔らかくなる。

「それでは、このまま家に送りますね」

「うん…え?」

 イオは家の屋根から屋根へ飛び越える。

 某遊園地のアトラクション並みに怖い。

「降ろしてえぇぇ」

 あ、でもちょっと夜景きれい。

 そしてまた体が浮くような感覚がして、落下した。

 やっと家に着いたのか、イオは地面に降りた。

「着きました」

 そう言って、僕を降ろしてくれた。

 なんとか平静を装ってお礼を言おうとすると、イオは先に「お休みなさい、ご主人様」と言いながら深々とお辞儀をして、振り返り、また屋根から屋根へ飛び移る。

 誰も見てないといいけれど…

 僕の心臓はまだ落ち着かず、ドキドキし続けている。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.