【去人の星】横澤彪:祈りなさい・・・

By 犬山しんのすけ, 2011年1月10日

鏡開きも済み、成人の日を迎えようとしてるさなかに、その訃報は届きました。
「いいとも!」、「ひょうきん族」… バラエティ礎築いた横澤彪さん死去(J-CASTニュース)
オレたち!ひょうきん族』で育った世代には、プロデューサー“横澤オジン彪”もしくは懺悔の神父様でお馴染みのはず。
『ひょうきん族』でプロデューサーと言う言葉を初めて知った人も少なくないかと。
小生も、『ひょうきん族』にはかなり影響を受けています。「タケちゃんマン」は勿論、「ラブ・ユー・貧乏」も好きでしたねぇ。
フラワーダンシングチームにも、散々笑わせてもらった思い出が(。・ω・)(。-ω-)うぃ
そして、〆のコーナーである「ひょうきん懺悔室」
〔横澤彪プロデューサー〕
ブッチー武者演ずる神様と横澤プロデューサーの神父様。
横澤氏の「迷える子羊よ入りなさい」の言葉に導かれ、その回の収録でNGを出した出演者が入ってきて、NG内容を告白し許しを請います。でも、殆ど許されずに水を浴びせられるんですねぇ。時にはゲストでさえも。
笑いましたねぇ、そしてそのままエンディングへと流れる構成は、実にスッキリしてて心地よい余韻がありました。
そんな伝説の番組をプロデュースし、その後も精力的に活躍なされていた横澤氏。
亡くなる直前まで元気な姿を周囲に見せていたそうですね。J-CASTでも先月末に連載コラムを発表したばかりでした。
その情熱、実に見習いたいものです。合唱。
追伸
1月11日:澤の字を沢と書いていました。お詫びして訂正します。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ