東京国際アニメフェア2010レポ

当ブログをご覧の皆様、初めまして。

ワタクシ、マック・Kと申します。
縁あって犬山しんのすけ様や清水銀嶺様と
東京国際アニメフェアを回ることになり
故あって、ある記事を任せていただきました。
その記事というのは『山口県フィルムコミッション』。
無論、ワタクシが山口県出身というのがその「故」です。
なぜアニメフェアにこのようなブースがあったのかといえば
実は昨年公開された『マイマイ新子と千年の魔法』という作品が
山口県防府市を舞台にした物語であったからなのです。
検索などされてみた方。
この作品、かなり評判のよいことがお分かりになるでしょう。
公開当時は宣伝不足などから興行は振るわなかったのですが
口コミで評判が広がり、4ヶ月のロングラン上映になるとか。
それもあってか、県内にある山口宇部空港にも
キャラクターが取り上げられているということです。
山口県といえば『龍馬伝』などでおなじみ幕末の長州藩ですが
このようにアニメの背景として故郷がクローズアップされるのは
当然のことながら、嬉しいものです。
アニメのキャラクターを地域の町興しに利用するケースも
年々増えているようですし、観光客も増えるといいですね。
惜しい点があるとすれば、それはやはり「萌え」分の不足。
『らき☆すた』や『けいおん!』の舞台が山口県であったら!
なんてコトを考えてしまったりするワケですが
そこはそれ、ワタクシに出陣の余地が残されていると
前向きに捉えてみようかなどと思っていたりいなかったり。
山口県の皆様。まるで期待せずに待っていてくださいませ(笑)。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

東京国際アニメフェア2010レポへの1件のコメント

  1. ピンバック:清水 銀嶺