【自作PC】 Windows7、ION330、CSSD-SM64NJ2、DDR2 PC2-6400 CL5

By 泉都市, 2009年12月11日

 仕事柄、Windows7の動作などを知らないけないので、ベアボーンキットで自作してみました。
 やたらソフトが入っているメーカー製のPCは値段が高めだし、かといって完全な自作では手間がかかるから選んだベアボーンキット。
 どうせならサイズも邪魔にならないようにと捜して見つけたのが、『Valore ION 330-BD (ブラック)』です。
 そして、そろそろ起動ディスクとしてはHDDから主流が移りそうなSSDを搭載することに決め、プチフリが解消されたという『CSSD-SM64NJ2』をチョイス。
 メモリは、ELIXIRの『W2U800CQ-1GLZJ』(DDR2 PC2-6400 CL5)を4GB搭載するために、必然的に『Windows7』Professional版としました。(購入したWindows7はパッケージ版ではありません。)
 ION330 Windows7、CSSD-SM64NJ2、DDR2 PC2-6400 CL5
 ION330は、マザーボードにCPUがオンボードされていて、ビデオカードも内蔵されているうえに、ブルーレイ再生&DVD書き込み 両対応コンボドライブ(ブルーレイ再生支援機能付き)も搭載されているから、足すのは起動ドライブとメモリーだけ。
 とはいえ、内部は精密機器がビッシリ詰まっているから、外装を外しての作業には注意が必要。
 特に静電気は致命的だから、静電気が起きやすいセーターなどは着ないようにして、作業前にはドライバーの先を握ったりして放電しておくように。
  
 今回は先にSSDを装着したけれど、本体内の作業スペースが狭いことを考えると、メモリーを先に取り付けた方が良かったかも。
 とにかく、ケーブルも中から取り出さないと、かえって作業に手間取ります。横着しちゃいけません。 
  
 メモリの取り付けは仕事でも何度かやっているものの、何度やっても緊張。
 まっすぐにグッと押し込めばOKと頭では分かっているけれど、案外とキツくて、ちょっとでも斜めになると折れそうで怖い。
 いったん手ごたえがあって、そこが限界と感じられても、固定するツメがメモリ両端の切り欠きで固定できる位置までは、勇気を持って押し込むように。(でも、折れたらゴメンナサイ(・_・;)
 そして、カバーを被せようと思ったら、ドライブが戻らなくて焦った。
 ………落ち着いて確かめてみたら、引きずり出したケーブルが突起物に引っかかっていて、ちゃんと中に戻っていなかったのが原因。
 ここでも横着せずに、ちゃんとケーブルを先に入れておけば、簡単に閉まります。
  
 ION330は、拡張性は皆無ですが、USB端子が6口もあるから、まず困ることは無いでしょう。
 できればフロントにもUSB端子は欲しかった気もするけど、USBハブで取り回せば不便はありません。(ちなみに自分は、手元に持って来て抜き差ししてます。)
ION330 Atomは低電力ゆえ、処理能力は今ひとつと言われがちですが、3Dゲームや動画の編集などをするのでなければ、実用には困ることは無いと思います。
 Celeronシリーズを使っていた人なら、充分に満足できるのではないでしょうか。
 そして、驚かされたのはSSD。
 早い、早すぎるよ!!
 電源ボタンを押してからWindows7が起動して、カーソルが現れてから使えるようになるまでで約17秒。
 他にソフトを入れていけば遅くなっていくでしょうが、HDDとは比べるべくもありません。
 XPやVistaでスリープから復帰するのより、早いんじゃないかと。




※ベンチマークを取って、SONY VAIO VGX-TP1Sと比較してみました。
  ベンチマーク ベンチマーク
◆Valore ION 330-BD (ブラック)
Display Mode : 1024 x 768 32bit (ClearType)
CrystalMark : 55184
[ ALU ] 10568
Fibonacci : 3477
Napierian : 1712
Eratosthenes : 2232
QuickSort : 3125
[ FPU ] 7856
MikoFPU : 1249
RandMeanSS : 2953
FFT : 2129
Mandelbrot : 1503
[ MEM ] 7304
Read : 3567.41 MB/s ( 3567)
Write : 1458.65 MB/s ( 1458)
Read/Write : 1464.70 MB/s ( 1464)
Cache : 7935.42 MB/s ( 793)
[ HDD ] 23529
Read : 225.32 MB/s ( 6253)
Write : 106.24 MB/s ( 4124)
RandomRead512K : 157.10 MB/s ( 5142)
RandomWrite512K : 68.56 MB/s ( 2742)
RandomRead 64K : 88.79 MB/s ( 3551)
RandomWrite 64K : 42.94 MB/s ( 1717)
[ GDI ] 2751
Text : 1185
Square : 231
Circle : 637
BitBlt : 698
[ D2D ] 2857
Sprite 10 : 529.29 FPS ( 52)
Sprite 100 : 272.34 FPS ( 272)
Sprite 500 : 91.05 FPS ( 455)
Sprite 1000 : 60.64 FPS ( 606)
Sprite 5000 : 14.58 FPS ( 729)
Sprite 10000 : 7.43 FPS ( 743)
[ OGL ] 319
Scene 1 Score : 307
Lines (x1000) : ( 26340)
Scene 1 CPUs : ( 8)
Scene 2 Score : 12
Polygons(x1000) : ( 92)
Scene 2 CPUs : ( 1)


System Information


OS : Windows NT6.1 Business [6.1 Build 7600]
Display Mode : 1024 x 768 32bit 60Hz
Memory : 3328 MB
DirectX : 10.0


CPU
CPU Name : Intel Atom
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Atom(TM) CPU 330 @ 1.60GHz
CPU Type : Original OEM processor
Number(Logical) : 4
Family : 6
Model : C
Stepping : 2
Feature : MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 Intel 64
Clock : 1600.06 MHz
Data Rate : QDR
L1 I-Cache : 32 KB
SONY VAIO VGX-TP1S
Display Mode : 1680 x 1050 32bit (ClearType)
CrystalMark : 61076
[ ALU ] 17024
Fibonacci : 6875
Napierian : 3223
Eratosthenes : 2377
QuickSort : 4527
[ FPU ] 18158
MikoFPU : 1866
RandMeanSS : 10155
FFT : 3183
Mandelbrot : 2932
[ MEM ] 9881
Read : 4029.09 MB/s ( 4029)
Write : 1643.79 MB/s ( 1643)
Read/Write : 1625.36 MB/s ( 1625)
Cache : 25626.32 MB/s ( 2562)
[ HDD ] 7106
Read : 53.01 MB/s ( 2120)
Write : 49.82 MB/s ( 1992)
RandomRead512K : 21.46 MB/s ( 858)
RandomWrite512K : 32.86 MB/s ( 1314)
RandomRead 64K : 4.28 MB/s ( 171)
RandomWrite 64K : 16.28 MB/s ( 651)
[ GDI ] 5315
Text : 3037
Square : 261
Circle : 905
BitBlt : 1112
[ D2D ] 2677
Sprite 10 : 197.84 FPS ( 19)
Sprite 100 : 177.62 FPS ( 177)
Sprite 500 : 110.24 FPS ( 551)
Sprite 1000 : 63.24 FPS ( 632)
Sprite 5000 : 12.67 FPS ( 633)
Sprite 10000 : 6.65 FPS ( 665)
[ OGL ] 915
Scene 1 Score : 529
Lines (x1000) : ( 44811)
Scene 1 CPUs : ( 8)
Scene 2 Score : 386
Polygons(x1000) : ( 10899)
Scene 2 CPUs : ( 8)


System Information


OS : Windows Vista Home Premium Service Pack 2 [6.0 Build 6002]
Display Mode : 1680 x 1050 32bit 59Hz
Memory : 2038 MB
DirectX : 10.0


CPU
CPU Name : Intel Core 2 Duo (Merom)
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Core(TM)2 CPU T7200 @ 2.00GHz
Platform : Socket 479
CPU Type : Original OEM processor
Number(Logical) : 2
Family : 6
Model : F
Stepping : 6
Feature : MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 XD VT Intel 64
Current Original
Clock : 1995.01 MHz 2000.00 MHz
System Clock : 166.25 MHz 166.67 MHz
System Bus : 665.00 MHz 666.67 MHz
Multiplier : 12.00 12.00
Data Rate : QDR
Over Clock : -0.25 %
L1 I-Cache : 32 KB
L1 D-Cache : 32 KB
L2 Cache : 4096 KB [Full:1995.01 MHz]

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

One Comment

  1. Intel、グラフィックス/メモリ機能を統合した新Atom 【今日の企業レポ??ブログ版??】

    ○○○○○○○○○○ブログ版『今日の企業レポ』2009/12/21号○○○○○○○○○○☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ヒウィッヒヒー!!Twitterでつぶやきを開始しました鐔 メルマガ以外のも…

     

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ