引越し案件で困ること

By 泉都市, 2010年8月31日

20:50
以前に無線ルーターを販売して無線設定したお客様から、PCの起動時にネットに接続できず、ルーターの再起動が毎回必要な状態と連絡があった。
訪問して調べると、メーカーのサイトに誤動作の情報がありファームウェアのアップデートで改善すると分かった。
しかし……。
お客様は、「不良品だから返品したい」とのこと。
ファームウェアのアップデートで改善する可能性があることを説明したが、うまく伝わらなかった。
「新品なのに故障なんてあるんだねぇ」と言われる。
ううん、違うのだけど、ご要望は返品なので返金した。
販売時点でファームウェアのアップデートをするという手もあるが、そう簡単な話ではない。
アップデートをすると元には戻せないし、それでいてアップデートすることで発生する不具合の可能性も否定出来ない。
販売して設定した時点で問題が無ければ、余計なことはできない。
21:22
PC2台を無線接続希望ということで訪問。
1台は貰い物で、電源を入れると起動パスワードが必要。
ところが、前の持ち主からは聞いていないという。
そして連絡も取れないと。
やむなく、もう1台の方のみ設定。
状態を確認してもらおうと思ったら、「使わないPCだから」と拒否された。
22:32
引越し案件でネットの無線接続に訪問。
照明がまだ来ていなくて、工事担当者は懐中電灯で作業。
ボクの方はPCの画面自体が発光するから良いとして、プロバイダの書類が不明で作業ができなかった。
出張費は出た。ホッ=3
引越しはそうする事じゃないから仕方ないのかもしれないけど、「PC本体」「プロバイダ書類」「使用者本人」の、いずれかが必ず欠けていて困る。
せめて梱包する段階で、PCと書類を同梱するか、PCを入れた箱には「業者対応」の紙を貼り、書類関係は手持ち荷物にして欲しい。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ