ノリス大佐に敬礼

By 犬山しんのすけ, 2009年1月9日

新年早々、こんなニュースが。
すでにご存知の方も多いと思いますが、去る1月2日に、声優の市川治氏が、お亡くなりになっていたそうで。
市川治氏=声優 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
小生も、幼い頃から良く聞いた声ですよ。
プリンス・シャーキン大将軍ガルーダプリンス・ハイネルリヒテル提督
あの独特の声、とても印象的でした。
後年はやはりノリス大佐が思い浮かびますねぇ。
小生は、グフ・カスタムを駆ってのシローとの決戦よりも、あのケルゲレンの発射基地における、アイナとの会話に、心惹かれました。
「恋の所為ですかな」そして「自分とて、木の股から産まれた訳ではない」
DVD、借りてこようかなぁ・・・。


〔ノリス・パッカード大佐〕

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

2 Comments

  1. 泉 都市 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
     年明けのニュースとしては、残念なことです。
     ボクは、やっぱり大将軍ガルーダが思い出深いですね。
     あの悲劇性と、やや甲高く凛々しい声が忘れられません。

     

  2. 弔電のマナー

    弔電は、葬儀や告別式が執り行われる時間までに打つのが常識です。送り先は、葬儀や告別式が自宅で営まれるのであれば喪家に、斎場などで営まれる場合はその斎場気付にします。宛…

     

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ