考えても?

By 湖守龍花, 2007年6月15日

このところ、思考回路がぐるぐる回ってます。
先日、浦和美園のママ友のところに遊びにいきました。
その際、友達の車の助手席の窓から、保育園児の列を見ました。
6月にしては、最高気温を記録したこの日、炎天下の中なんと自転車用のヘルメットを園児全員がかぶって歩道を歩いているんです。
さすがに、ビックリ。
ここは去年、川口園児4人死傷事故現場近くの場所だったせいか、この辺りの保育園ではそうまでするくらいのピリピリ感が伝わってくるよう。
このくそ暑い中、ヘルメットをかぶらされている園児を思うと、なんか可哀そうになったり…でも、きっと安全性を考えての保育園側の対応なんだろうと納得するしかありません。
私の子供も、そこから一駅違いの保育園に通わせてはいますが、そこまで完全装備という訳ではなく夏は保育園側の方針で麦わら帽子で園外保育を実施しているようです。
たった一駅違いでの意識差が、そこに浮き彫りにされてるようでした。
もう一つ、気になることといえば老後の暮らし。
今、年金問題で社保庁は揺れてます。
来年、私の実の両親は定年を迎えます。
それで、今まさに2世帯住宅を建築中。
その資金などのやりくりは、妹夫婦に任せるみたい。
頭金は、自分達で払ったようですが、後は妹達がローンを払っていくもよう。
でも、住宅資金で底がついてしまった両親の頼みの綱は、年金なのにね。
この間ポロリと言ってました。
もっと、心配なのはローンをかせられた妹達。
ほんとに、こんな世の中で払ってゆけるの?
それは、私達の方の生活も同じようなもの。
来月、マンションの賃貸契約の更新がせまります。
義母は、年老いた両親の介護問題。
コムスンの雑多な悪行が摘発され、ニチイ学館の不正もちらほら。
前まで、私も違う系列でヘルパーをしていたので思いの他胸中も複雑。
現場の利用者はもっとかも。
そんなこんなで、施設行きを懸念するその家族達。
現場で働く職員達は、使命感溢れてる人のが多いのが現実なのに。
そんな中、何故かビスマルクという言葉と、蝶が夢に出てきました。
調べると、ビスマルクとは昔のドイツのを統一した日本でゆう、首相みたいな人で血と鉄制なる人だと分かりました。
日本の社会保険の基本となる、雇用保険~労災、年金、などを制定した人などともネットで出てました。
蝶とは、昔から不確かなるもの定まらぬものなどとよく引用されてる語源かなんかで、間違ってたらすいません~でも、それが今後の日本の社会の象徴のような気がしてなりません。
だからなのか、いつもと違う湖守で申し訳ありません。
考えても、どうなのかと思いますが(^_^.)
とりあえず、今日はここまで。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

4 Comments

  1. お久しぶりです

    4月になってまったく更新できませんでした[:しくしく:]ごめんなさい[:汗:]
    事務所がちょっと新しくなりました[:love:]
    それは、NEW電話です!!
    コードの線がむき出しになって、雑

     

  2. 住まい・暮らし

    ブログ管理人様、突然の訪問失礼致します。
    私たちは住まい、暮らしに関する様々な情報サイトを運営しているものです。
    お部屋探し、マイホーム購入の際にお役に立つ情報をご提供…

     

  3. 住まいと暮らしの情報です。

    ブログ管理人様、突然の訪問失礼致します。
    私たちは住
    まい、暮らしに関する様々な情報サイトを運営しているものです。
    お部屋探し、マイホーム購入の際にお役に立つ情報をご提供…

     

  4. 暮らしと住まいの情報です。

    ブログ管理人様、突然の訪問失礼致します。
    私たちは住まい、暮らしに関する様々な情報サイトを運営しているものです。
    お部屋探し、マイホーム購入の際にお役に立つ情報をご提供…

     

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ