キャンプの処し事情

By 湖守龍花, 2013年8月21日

先日、神奈川の丸太の森キャンプ場に行ってきた。
メンバーは、うちの家族と妹の友人に高校生になった姪。
しかし、最近の高校生とはあ~ゆうものなのか…。
姪はとても嵐の松潤のファンで、キャンプ先まででかい嵐の写真の載ったうちわを携帯。
キャンプ場に重そうなノートパソコンを持ってきた。
ご苦労さん(汗)
しかし、バンガローに電源はあるものの通信アンテナに接続する、周辺機器を忘れてきた。
インターネットにゃ繋がらない。
スマホのワンセグすら、入らない場所。
自然に親しむのに、パソコンいらなくないか?
それより、火起こしだよ。
もう…。
炭火で、調理するまで時間かかるのでそれまでバーベキュウ材料をカットするとか、何でもよいから手伝ってよ。
なのに、パソコンばかり気にしてバンガローから出てこない。
いくら言っても、準備に参加せず。
だいたい、部活動の欠席をキャンプ当日になっても言わないからその分、チェックイン遅れてることすら悪いと思ってないみたいだし。
ほんと、女王様。
カマド使う時間も決められてるのに、ほんとに間に合わん。(笑)
うちの息子もそれを、真似してバンガローから出てこないし。
参ったわ。
コインシャワーの代金も200円~自分のおこずかいから出すのも嫌がる姪。
それでも、自分の服は買えるだけのお金は持ってきてるのよ?
服買う以外におこずかいは使いたくないよう。
しかも、山道なのに高いヒール靴履いてくるし。
それじゃ嵐のコンサートに行くのと変わらんじゃ。
服装についても、前々から言っていたにもかかわらず親のいうことも聞かない様子。
妹がさんざん、苦労してたけど。
ちなみに、うちの息子はといえば…夜いつのまにかいない。
どうしたのかと思いきや、探したらちゃっかり他のキャンプ客の子供と仲良くなっていて…。
知らない団体のキャンプファイヤーに参加していた(汗)
うちは、参加申し込みしてなかったんで大丈夫かと思ったが…。
一人増えても、問題なかったみたいでよかったけど。
お礼に、誘っていただいた家族の子供をうちの方に呼んで、持ってきた手持ち花火を一緒にしてみたり。
息子は、川遊びやら何やらと夏を満喫してよい思い出にはなったようだ。
天候には恵まれ、雨も降らずよかったけど、暑いのだけはいつもの夏より大変だったかもしれないな。
それでも、木の木陰はとても涼しくて木漏れ日には癒された。
怪我もなく、無事に帰宅できたしすごく面白かった非日常的2日間。
リフレッシュでき、よかった。

LINEで送る
Post to Google Buzz
Pocket

 
No tags for this post.

What do you think?

コメントを残す

ツールバーへスキップ